普段スーパーでは見られないような珍しい野菜、「ユニーク野菜」を収穫するところからはじまり、美味しい食べ方まで教えてくれるこちらの動画。ユニーク野菜が育っていくワクワク感、収穫してから調理して食べる楽しみが詰まっています。

家庭菜園で、ユニーク野菜を作ろう!

アナウンサーの川瀬良子さんが今回、収穫していくユニーク野菜は「芽キャベツ」。単なるミニサイズのキャベツだと思われるかもしれませんが、普通のキャベツとはまるで違う採れ方をするのをご存じでしたか?

ひとつの株にこんなにたくさんの芽キャベツがなっているとは!衝撃的な光景です。

芽キャベツには、実はビタミンC、ビタミンKが豊富。小さくても、栄養素がぎゅっと詰まっているのです。栄養素を逃さず味わえるように、スープに調理していきます。
 

ユニーク野菜「芽キャベツ」をうま味あふれるスープに調理!

ユニーク野菜を使った料理のレシピを教えてくれるのは、NHKなどでも活躍中の料理家きじまりゅうたさん。今回は、「芽キャベツのごろごろオニオンスープ」の紹介です。



芽キャベツの下処理は、根元を切り落とし、外葉を取ります。火の通りをよくするため、大きい芽キャベツは縦半分に切り、小さいものは芯に切れ目を入れるのがコツ。

玉ねぎと一口大にカットしたフランクフルト、そして芽キャベツを炒め、水と塩、ローリエを加えて煮込みます。芽キャベツが柔らかくなったら完成!



ユニーク野菜・芽キャベツをまるごと使ったレシピは、見た目がかわいらしいだけではなく、一般的なキャベツに比べても濃縮された栄養素を逃さずに食べることができます。
 

芽キャベツを家庭菜園で育てるには?

見た目にもインパクトがあるうえ、栄養面でも魅力的な芽キャベツ。苗はホームセンターや園芸店で手に入れることができ、8月中旬~9月上旬に植え付け。収穫時期は11月から3月ごろで、2~3cmになったらとっていきましょう。
 

家庭菜園にはHonda「こまめ」

手に入りにくく、少し高い野菜を家庭菜園で手塩にかけて育て、美味しくいただくという贅沢な体験。チャレンジしてみたいなとは思っても、畑作業、特に土づくりの大変さを思うとなかなか踏み出しにくいというのが正直なところでしょう。そんな力のいる作業を簡単にできるように、番組では耕うん機が登場しています。



こちらのはHondaの「こまめ」。コンパクトで使いやすいと、家庭菜園ユーザーに人気の耕うん機です。たしかに、普段は耕うん機を使うことのないという川瀬さんも使いこなしていますね! 1980年に初代のモデルが発売してから40年、累計50万台も販売されたロングセラーだというのも納得です。

『採れたて野菜』で珍しい野菜の育て方、調理法をチェック!



珍しい野菜や家庭菜園に興味があるなら、ぜひ番組をチェック!

『採れたてキッチン~育てて食べようユニーク野菜~』は毎週土曜日20:55から、BSフジで放送中です。

YouTubeで公開中の、「カラフル人参」回もおすすめ! 定番のオレンジ色ではなく、黄色や紫色などカラフルの人参を、見た目の楽しさをいかして調理していきます。

提供:株式会社ホンダパワープロダクツジャパン