待ってました! ローソン「マチノパン」から新作登場

マチノパン5種類

ローソンのベーカリーコーナーで大人気の「マチノパン」シリーズに、3週連続で新商品が登場しています。どれも期待を裏切らないおいしさですが、その中で5つの商品をピックアップしてご紹介します。
 

1. マチノパン あんことバターのフランスパン 150円(税込)

マチノパン あんことバターのフランスパン

めんたいフランスが好評のフランスパンシリーズに、小さめサイズが登場です。中に挟まっているのは無限ループコンビ“あんこ”&“バター”。これは食べずにはいられません。

マチノパン あんことバター

フランスパンの中には、粒感の残るあんこと香り豊かなグラスフェッドバター(牧草を食べて育った牛のミルクで作ったバター)がサンドされています。

マチノパン あんことバター

もっちりとしたパン生地とあんこ&バターは好相性。そのまま食べても口の中でバターがほどよく溶けますが、トースターで少し焼くとバターがさらに溶け、生地もサックリとしてさらにおいしく感じます。
 

2. マチノパン Wクリーム角パン 160円(税込)

マチノパン Wクリーム角パン

次はスタイリッシュな印象の四角いクリームパン。厚みが3cmほどあるので、中身がどうなっているのか期待がふくらみます。

マチノパン Wクリーム

マチノパン Wクリーム

ダブルクリームとは、北海道牛乳を使った濃厚なカスタードクリームとなめらかなカスタードクリームの2種類のこと。どちらも黄色味が強いので、見た目ではわかりにくいかもしれません。

味は濃厚なのに驚くほど口どけが良いのは、2種類のクリームが入っているからこそ。パン生地は薄めでしっとり口どけが良く、カスタードクリームを引き立ててくれています。
 

3. マチノパン 焦がしバターのクイニーアマン 150円(税込)

マチノパン 焦がしバターのクイニーアマン

クイニーアマンとは、フランス・ブルターニュ地方の伝統的な焼き菓子のこと。たっぷりのバターと砂糖が使われている、甘じょっぱさがクセになるパンです。

マチノパン 焦がしバターのクイニーアマン

焦がしバターと練乳などが入ったキャラメルのような味わいのアメフィリングは、カリッとしていて食欲をそそります。バターを折り込んだデニッシュ生地とカリッとしたアメの食感は、とても贅沢な味わいです。
 

4. マチノパン あんこ天国 桜シーズン 150円(税込)

マチノパン あんこ天国

ネーミングが特徴的な「あんこ天国 桜シーズン」。以前「あんこ天国」が販売された時は、あんこ好きの中で話題になりました。今回は桜の葉の塩漬けがトッピングされて、春らしい装いになって新登場です。

マチノパン あんこ天国

パン生地は極限まで薄く、しっとりもっちりとしています。中に入っている粒あんは氷砂糖を入れて炊くことで、雑味がなく上品な甘さに。桜の花の塩漬けの塩味がアクセントになっています。これだけ粒あんが入っていてもあっという間に食べられてしまうおいしさです。
 

5. マチノパン ふわふわやわらかミニブレッド 3枚入 180円(税込)

マチノパン ミニブレッド

最後は普通の食パンよりふた回りほど小さいミニブレッドをご紹介。小さくても4枚切りくらいの厚みがあるので、トーストしてもふんわり感をキープしてくれそうな印象です。

マチノパン ミニブレッド

マチノパン ミニブレッド

トーストすると表面サクサク&中はふんわりとしていて、この厚みがベストなのがよくわかります。甘みは強くないので、バターをたっぷり乗せて食べたいところです。

“脱コンビニパン”の通り、今回もハズレがない「マチノパン」シリーズ。売切れになる前に、ローソンで早めにゲットしてくださいね。


DATA
ローソン