「すべてのうまさを、過去にする」

そう明言する【サッポロ GOLD STAR(ゴールドスター)】
サッポロビール株式会社から、新たな"希望の星"が2020年2月4日に新発売されます。
 

増税や酒税法改正……。それでも本当にうまいものを飲みたい。

消費税増税や酒税法改正による倹約ムードの中、進化が期待されるのが求めやすい価格帯の新ジャンル(第3のビール)。

本当にうまいものを、求めやすい価格で、ひとりでも多くのお客様に届けたい。その一心で作られたのが、【サッポロ GOLD STAR(ゴールドスター)】。そこには「黒ラベル×ヱビス」の技術と信念がつぎ込まれています。
 

サッポロ_窪田正孝


 

心の底から満足できる新ジャンル【 サッポロ GOLD STAR 】

【サッポロ GOLD STAR(ゴールドスター)】の特徴は力強く飲み飽きないうまさ。それを実現しているのが、「黒ラベル×ヱビス」の技術と信念です。

実際に「サッポロ生ビール黒ラベル」で採用されている「旨さ長持ち麦芽」が一部使用されています。旨さ長持ち麦芽を使ったビール類は味・香りともに「老化度が低い」と評価されており、泡持ちも良いです。また「ヱビスビール」で採用されている「ドイツバイエルン産アロマホップ」も一部使用。二つのビールで使われている上質な原料を一部使用することで、特徴となるうまさが作り出されています。

また原料だけでなく、その製法も「黒ラベル×ヱビス」から取り入れられています。二つのビールの仕込み方法であるダブルデコクション法※が採用されているのです。手間とコストがかかるこの製法で、麦芽本来のコクとうまみを引き出しているのです。
※仕込工程で、煮沸工程を2回繰り返すことにより濃厚な麦汁をつくる製法

「黒ラベル×ヱビス」の技術と信念が注ぎ込まれた【サッポロ GOLD STAR(ゴールドスター)】。まさにみなさんが心の底から満足できる新ジャンルとなるでしょう。
 

理想のうまさを追い求めたサッポロビールの「本気」

「もっと、もっと、うまいものが飲みたい。」その想いに応えるため、今、サッポロビールに何ができるのか。その答えがこの新ジャンル(第3のビール)です。サッポロビールが長年のビールづくりで培った技術と信念、そのすべてが【サッポロ GOLD STAR(ゴールドスター)】には詰まっています。


本当にうまいものを求めるサッポロの新たな”希望の星”をぜひお試しあれ。

GOLD STAR 誕生


商品概要

サッポロ GOLD STAR(ゴールドスター)
缶350ml・缶500ml 各ルース・6缶パック
原材料:発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)
アルコール度数:5%
発売日:2020年2月4日

注釈:「本商品はビールではありません。リキュール(発泡性)①の商品です。」