いよいよ、第95回箱根駅伝(第95回東京箱根間往復大学駅伝競走、2019年1月2日・3日開催)が近づいてきました。
 

ここでは前哨戦終了後の有力各校の動向や最新情報を加味した展望を紹介します。
 

2019年の箱根駅伝、見どころは?

今回の箱根駅伝はルール等の大きな変更はありませんが、第95回ということで記念大会ということで、出場チームが23チームと、いつもより出場チームが多くなっています(いつもは21チーム)。その内訳は、前回の箱根路でシード権を獲得した10校、予選会を突破した11校、関東インカレ枠1校、関東学生連合の計23チームとなっています。
 

2020年の箱根駅伝では出場校が21チームに戻る可能性があります。そのため、今回の箱根駅伝で総合上位10位以内に入り、翌年の箱根駅伝出場権=シード権を得られなければ、2019年の予選会で10の枠を争わなければなりません。
 

シード権がないとどうなる?

シード権がある大学は、夏休み期間中(8月〜9月)に余裕を持ったスケジュールで練習を行うことができ、箱根駅伝を見据えた走り込みを行ったり、避暑地などでスピードを鍛える練習を行うことが多いです。そして、秋口に各地で行われる記録会(タイムを狙うためのレース)などに出場し、5000mや10000mで自己記録を狙い、その流れで出雲駅伝や全日本大学駅伝に挑みます。
 

一方の総合11位以下の大学は、10月に行われる箱根駅伝予選会を突破しなければ、箱根駅伝へ出場することができません。そのため、必然的に秋の大目標は「予選会通過」ということになります。
 

シード権のない大学は、夏休み期間はおおむね予選会対策に取り組まなければなりません。予選会は20kmの距離で行われるため、距離を走る練習が多くなります。
 

また、秋口に行われる記録会などにも出場しますが、そこで調子のピークを合わせすぎてしまうと、予選会本番にピークが合わせられず、予選会で本来の走りができない、というケースを何年も見てきました。記録会は予選会の選手選考を兼ねて出場するケースも多く、選手は非常に難しいスケジュールをこなすことになります。


今年の予選会では、次点の麗澤大学がボーダーラインから1分50秒差のところまであがってくるなど、新鋭校も力をつけています。


このように、次回の予選会では出場権をめぐる争いはさらに激しくなることが予想されるため、2019年の箱根駅伝でシード権を獲ることはとても重要になります。
 

2019年の箱根駅伝、優勝候補は?

最大の注目は青山学院大学が箱根駅伝5連覇達成なるか、という点であると言えます。前哨戦と言われる、出雲駅伝・全日本大学駅伝をいずれも制し、勢いにも乗っています。
 

・青山学院大学(第94回箱根駅伝優勝、出雲駅伝優勝、全日本大学駅伝優勝)

全日本大学駅伝の翌週に行われた、世田谷246ハーフマラソンに多数の選手が出場。全日本大学駅伝を走ったメンバーは調整で出走しましたが、他の選手たちは箱根駅伝メンバー選考のために出走。箱根駅伝を走ったことがない岩見秀哉選手(2年)が1時間3分13秒を記録し、また選手層が厚くなったという印象を受けました。

・東洋大学(第94回箱根駅伝2位、出雲駅伝2位、全日本大学駅伝3位)

箱根駅伝2位のメンバーが9名残りましたが、前哨戦はいずれも主力選手が欠場した影響があり、優勝には届きませんでした。例年、主力選手は記録会やハーフマラソンの大会に出ず、じっくり調整することが多いため、動向が見えにくい大学の1つでもあります。


そのなかでも上尾シティマラソンで鈴木宗孝選手(1年)が1時間2分56秒を記録し、1年生ながらメンバー入りも見えてきた結果だと思います。

・東海大学(第94回箱根駅伝5位、出雲駅伝3位、全日本大学駅伝2位)

前哨戦を欠場した阪口竜平選手(3年)が上尾シティマラソンで復帰。いきなり1時間2分32秒の好記録をマークしたのは明るい材料。

選手個々の能力は高いため、ベストメンバーさえ組めれば、青山学院の脅威になると思われる大学です。

・帝京大学(第94回箱根駅伝9位、出雲駅伝5位、全日本大学駅伝5位)

全日本大学駅伝を過去最高の5位で終えた帝京大学。
 

上尾シティマラソン、10000m記録競技挑戦会といったレースでも好記録をマークしており、ここからの調整と5区の人選・結果次第では、箱根駅伝過去最高順位(4位)を上回る可能性もあると思います。

・法政大学(第94回箱根駅伝6位、出雲駅伝12位、全日本大学駅伝7位)

法政大学も、東洋大学と同様に、記録会やハーフマラソンにあまり出場せず、戦力の見極めが難しい大学の1つです。

ただ、箱根駅伝5区と6区で圧倒的なアドバンテージを持っており、両区間を生かすためにも、4区までに上位進出しておきたいところです。

・駒澤大学(第94回箱根駅伝12位、箱根駅伝予選会1位、全日本大学駅伝4位)

箱根駅伝予選会トップ通過の勢いで挑んだ全日本大学駅伝は4位。その後の10000m記録挑戦競技会において、主力4選手が28分30秒台の好記録をマーク。さらに衝撃だったのが、上尾シティマラソンで小島海斗選手(2年)が1時間2分41秒を記録。駅伝未経験の選手でしたが、一気にメンバー入りに近づいた印象です。

 

今後の予定とポイント

このあと、チームはレース当日まで調整をすることとなりますが、その間に出場メンバーや区間エントリーなども発表されます。観戦が待ちきれないという人向けに、今後の予定と、それぞれのポイントを紹介します。
 

●2018年12月10日(月):チームエントリー
各チーム、出場予定メンバーを16名以内を主催者に提出。同日中にその内容が発表されます。出走するべき主力メンバーが漏れなく選ばれているかどうかを確認しましょう
 

●2018年年12月29 日(土):区間エントリー
各チーム、正競技者(出走予定のメンバー)10名とそれぞれが走る区間がどこか、さらに補欠競技者6名以内を主催者に提出。同日中にその内容が発表されます。戦略的なエントリーをする大学があるので、各チームの思惑に考えを巡らせてはいかがでしょうか
 

●2019年1月2日(水)~3日(木):箱根駅伝 当日
往路、復路とも、エントリー変更(出走するメンバーの変更)は当日のレース開始1時間10分前に受け付けます。ここでのエントリー変更は正競技者と補欠競技者の交替で、4名まで(つまり正競技者間での区間変更はNG)。レースが始まる1時間ほど前(午前7時頃)には新しい情報を確認することをお勧めします