女優の小雪さんが韓国で出産し、産後調理院に入られたということで、随分話題になっていますね。日本ではあまり知られていませんでしたが、実は韓国、結構産後のケア体制は整っています。

 

その一つが産後調理院。산후조리원をそのまま漢字にすると産後調理院。
日本語的に訳すと、産後処理院とか、産後療養施設などと言えるかもしれません。
韓国では、自然分娩の場合は、約3日ほどで退院し、自宅に戻る人は戻り、産後調理院に入る人は、そのまま赤ちゃんとともに調理院の建物に移動します。
調理院だけ単独経営の施設と、病院経営の(病院と調理院が隣接)調理院もあります。

 

自宅に戻る人も、「産後トウミ」という、赤ちゃんのお世話を手伝ってくれるお手伝いさんを雇う人もあり。産後調理院と産後トウミ、両方利用する人もいるんですよ。ちなみに私も両方利用しました。

 

産後調理院に入る前は、正直すぐ家に帰って自分のベッドで寝たほうが楽じゃないかな、なんて考えたりもしていましたが、いざ利用してみると、これがいい!

 

食事は美味しいし、プロの看護師が24時間体制で赤ちゃんのお世話をしてくれるため、夜はぐっすり眠ることができます。出産後突然育児に翻弄される日々が始まる…というストレスを軽減できるわけです。

 

そのため、第二子出産の際も是非利用したい!と思ったりしたのですが、これが結構現実問題難しかったりするのです。なぜか。
産後調理院は、出産後のお母さんが身体をゆっくり休める施設です。
そのため、子育てに追われていては意味がないんですね。また、外部の訪問者からによる病気の感染などにも配慮しています。したがってほとんどの調理院が上の子どもを連れて入所するということはできません。

そのため、調理院の利用者の多くが、第一子を出産した方、あるいは上の子どもがある程度大きくなっている方なんですね。

 

ちなみに小雪さんは長男がいらっしゃるそうですが、日本でご両親がサポートしているのでしょうか。もしそうなら何週間かお母さんと会えずさみしくないかな、などと勝手な心配をしたりして……。韓国に一緒に来ているのでしょうか。
もし特別待遇などで、お子さんと入所されているとしたら、それはそれでまた、調理院のメリットを100パーセント満喫するのは難しいかもしれないですね。

 

はたまた、ご出産前から韓国で生活されてたのかな、なんてことも気になります(笑)そうでしたら、ますます上のお子さんのことや、韓国でどう生活されてたのか、なんてことが、同じ母親として気になります(笑)飛行機に搭乗できるリミットもあるでしょうし、出産前に担当医の診察も必要でしょうから……。
調理院を出たあとはすぐ日本にご帰国なのでしょうか。

 

韓国在住の日本人女性は多くいますが、里帰り出産で帰国した場合も(韓国で出産し、日本に子どもをつれ帰国する方も同様です)、再び韓国に子どもを連れて戻ってくるのは、特別な理由がない限り、早くても2~3ヶ月ぐらいが一般的なのを見ると、生後数週間でご帰国されるのはちょっぴり心配ですね。韓国ファンとのことなのでもしかしたら、その後もしばらく滞在されるのかな。いずれにしても余計なお世話でした。

 

とにかく産後調理院はよかった!できれば二人目も利用したいところですが、難しそうなので、せめて思い出し頭の中で再び満喫したいと思います(笑)