約10年前(2005年)に私は「離婚の危機をもまねく! 実家依存症の妻たち」という記事を書きました。妻が実家に依存するようになることで、夫婦関係が悪化していく状況を指摘したのですが、10年経った現在、こうした実家依存症の妻が大きく変化してきているのです。

 

実家依存症の妻は、実家が大好きで、特に母親と友達同士のように仲が良く、「一卵性母娘」を形成します。結婚後も妻は、ことあるごとに母親に電話して、夫や舅姑のことなど、何でも母親に相談します。母親も頼ってくる妻が可愛くて仕方がありません。とにかく妻は夫よりも実家を優先するものですから、他者(特に夫)との関係に悪影響が及んでしまうことは少なくありません。

 

一昔前の実家依存症の妻は、夫を説得して実家の近くに新居を構え、夫が出張の時や残業・接待などで深夜に帰宅する時などに、頻繁に実家に足を運んでいました。子どもが生まれると、「育児でストレスがたまった」「子どもを預けたい」などと、何かと理由をつけて実家に帰るようになり、実家依存度を高めてしまうケースが多かったのです。

 

ところが、最近の実家依存症の妻は、実家での同居を選択するケースが増えてきているのです。出産後は母親の助けを借りて育児をし、やがて炊事・掃除・洗濯などの家事一般についても母親の力を全面的に借りるようになる妻が少なくないのです。

 

私の運営するサロンに相談にいらした小林真理奈さん(仮名/30歳・埼玉県)は、夫の健太さん(仮名/29歳)と実家での同居を始めて3年目になるのですが、夫婦の仲が危機的な状況を迎えており、悩んでいました。

 

健太さんは地方出身で実家が遠いため、自身の両親との同居は考えていなかったそうですが、出張の多い営業職だったこともあり、一人娘である真理奈さんに気遣い、病気がちの義母の中田春子さん(仮名/65歳)のことも心配して、真理奈さんの実家での同居を快諾してくれました。真理奈さんだけでなく、春子さんや義父の義男さん(仮名/66歳)も優しい健太さんにとても感謝し、順調な結婚生活をスタートさせました。

 

互いに頑固な性格の真理奈さんと健太さんはケンカが多く、交際期間中はなかなか互いに謝らず、口をきかない状態が長引いたりしたこともありました。それでも互いの性格はわかっていたし、言いたいことが言い合えたので、二人の相性は合っていたと真理奈さんは言います。

 

ところが、結婚して真理奈さんの実家に住むようになってから、ちょっとした言い合いでも春子さんや義男さんが心配して仲裁に入るので、次第に言い合いが減り、二人はストレスをためるようになっていきました。