居眠り事故を防ぐにはどうしたらいいだろう? 今の自動ブレーキだけだと防ぎきれない。100km/hから停止車両を感知して止めるように出来ていないからだ。やはり常時ドライバーの状況を検知している車内カメラが必要になってくる。現在レクサスLS日野セレガなどが採用しているようなドライバーモニターをトラックから義務づけるべきだ。

 

このトラック事故も居眠り

 

ドライバーモニターさえ付けておけば、大阪で発生した疾病によるアクセル全開事故にも対応出来る。今やコストなど任意保険の割引措置で十分カバー出来るレベルになってきた。当局も根性論でしかない罰則による対応だけでなく、実際に事故を無くす効果を持つクレバーなアプローチをして欲しい。なんたってアイサイトは追突事故の80%以上を防げるのだ。