企業の健康診断でストレスチェックが義務づけられたために、チェック後のフォローを誰がどのようにするのかという問題が浮上してきているようですね。産業医の研修の中でも、職場のメンタルヘルスケアについてはかなりの時間を割いて講習が組んでありました。

 

実際、うつ病などで休職してしまう人の数は増えているので、早い段階でメンタルケアが必要な人を見つけてフォローすることは大切だと思います。

 

職場環境や労働時間そのものに問題がある場合は、そこを改善しなければいけませんが、「本人」に要因がある場合はいくら環境を整えてもメンタルの問題はなくなりません。

 

そもそも「ストレス」というものは本来存在しないのです。皆さんの中で「ストレス」の姿かたちを見たことがある方はいらっしゃいますか? おそらく「目にしたこと」はないと思います。少なくとも私は、「ストレス」を見たことがありません。

 

中には、苦手な上司を指さして「あれが『ストレス』の正体です」とおっしゃる方も、いらっしゃるかもしれませんね。でも、「上司」は上司であって「ストレス」ではないのです。その人が「上司」に「ストレス」という札をつけているだけです。

 

「ストレス」という形のなものに対して、私たちはあたかもそれが存在するように命名しています。でも、実際は「ストレス」という普遍的な存在はないのだということはすぐにわかります。