もう一つ。ガン予防に著効するワクチンがあったとしよう。けれど全くカラダに合わない人も居て、10万人あたり10人は副作用で死亡する。ただ10万人あたり100人のガンで死亡する人を10人に抑えられます。とワクチンをすすめられたらいかがか? 私なら絶対受けない。けれど100人になる確率より10人になる確率の方が低いからエエじゃないか、という人もいよう。

 

このあたりは価値観の差である。宗教観にも左右されるかもしれない。今の米国運輸長官の見解も、アメリカ全てを表している思えません。個人的には100件発生している事故を10件に減らせるような運転サポート技術であれば丸呑みに出来る。グーグルの技術、完全自動運転で無く、事故を限りなく減らすために使って欲しいと思う。機械にコロされるのはイヤだ。