お笑いコンビの「オリラジ」こと「オリエンタルラジオ」の「武勇伝」に続く新ネタ「PERFECT HUMAN」がYouTubeで再生回数を稼ぎまくり、アイチューンズでも1位を獲得するなどと話題になっている。

 

しかし、この“歌&ダンス”に終始した、“笑える部分”が皆無のパフォーマンスをはたして“ネタ”と捉えるべきか否かは、“同業者”内でも賛否両論を呼んでいるようだ。

 

「笑わせたいとか思わないの?」(爆笑問題・田中裕二)

 

「僕、『ENGEIグランドスラム』で初めて(このネタを)見たんですけど、ホンマに『(歌を)いつまでやんねん』って思って。あんまりネタ中に入っていったらアカンっていうのはあったんですけど、アレ、やっぱり入らんと、誰もツッコまんからね。ほんで、ツッコミがなく、アレが全部OKになってもうたら、新しい笑いの時代に突入したのかもわからないですよ」(ナインティナイン・岡村隆史)

 

「笑ってしまったよね。格好良すぎて笑ってしまう。こいつら一切、ここで笑かす気がないんやということに笑ってしまいます。『武勇伝』自体もちっとも面白くないですもんね。それもひっくるめて笑ってしまいますね。大したもんやなとは思いますね。タフやなあ、いまの後輩たちは」(ダウンタウン・松本人志)

 

「やり切ったらああいうのもお笑いになるんだね。面白い。新しいよね」(南海キャンディーズ・山里亮太)

 

「世界のキタノ」から芥川賞作家の又吉直樹まで、ここ最近、お笑い芸人が“お笑い”以外のクリエーティブなフィールドで活躍するケースが増えている。「PERFECT HUMAN」も、その流れの一環だと解釈するなら、『アウトレイジ』や『火花』と同様、作品自体で「笑えないこと」に対してそこまで目くじらを立てる必要もなかろう。