■日銀のマイナス金利政策は果たして成功するのか!?
黒田東彦・日銀総裁が、1月29日に金融政策決定会合でマイナス金利の導入を決めてから早くも2カ月近く経ちました。黒田総裁はこれまで進めてきた「量的・質的な金融政策に、金利という3つめのオプションが加わった」と説明しています。

 

この決定を受け、2月16日からは銀行が日銀の当座預金に預ける預金の一部に0.1%のマイナス金利が適用されることになりました。日銀はお金を預けた銀行に利息を払うどころか逆に手数料を課すことにしたわけです。狙いは、銀行の融資や投資を促すとともに、金利の下押し圧力によって円安に誘導することだといわれます。

 

この日銀のいわば禁じ手に対して、その効果を疑問視する声が強いのですが、一般消費者にとって直接的な影響が銀行預金金利の引き下げとなってすでに現れています。現在、三菱東京UFJ、三井住友、みずほのメガバンク3行の定期預金金利は0.01%に、普通預金金利は0.001%となっています。

 

一方で住宅ローン金利が下がり、空前の不動産バブルがやってくるのではないかと期待する向きもありますが、多くの人にとっての関心事は銀行預金の金利が引き下げられることの方です。住宅ローンの金利が下がるのはいいことではないかと思うかもしれませんが、90年代初頭にバブルが弾けた後、過剰融資の末に多額の不良債権を抱えて破綻した住宅金融専門会社(住専)の教訓を忘れてはいけません。