グラドル・バラドル・フードル・メガドル・鉄ドル・歴ドル……と、さまざまなアイドルに付加価値を付けては売り出す「ドル安状態」が止まらないなか、今度は「飲みドル」ってヤツが2月17日、メジャーデビューしたらしい。

 

「宴会アイドル」を自称する女性アイドルユニットで、グループ名は『チャッキーズ∞インフィニティ』。結成は2013年で、アイドルが敬遠しがちな「酒」をテーマにしているのが特徴。ライブではビールの注がれたジョッキを手に、ファンと乾杯するのが恒例。OLの制服風のコスチュームで歌って踊る、「一緒に飲めるセクシーアイドル」なのだそう。

 

メジャーデビュー曲の『小猫の気持』は、昭和の大作詞家である星野哲郎氏の遺作で、それにあの『ゴダイゴ』のミッキー吉野(64)がスローテンポの曲をつけ、80年代の歌謡曲に仕上げたという。

 

メンバー7人の写真を見てみると、キャバクラというよりはスナックあたりにいそうなハスい感じのネエチャンばかりで、「飲ませたらヤレそう」といった、未だ少なからずの男子が抱く幻想を掻き立てる絶妙かつ微妙なラインの顔ぶれだったりするのだが、星野センセイやミッキーセンセイまでを引っ張り出してきて、メジャーデビューさせてしまうくらいなのだから、プロデュース側もそれなりの勝算があるのだろう。「酒場で出会った女性は美しく見える」と、このNews Digでホンネスト編集部さんも書いてたし。