たくましい子を育てたいなら……。何か起こるたびに、「大丈夫」という。

 

お子さんをたくましく育てたい、とおっしゃる方は多いです。では、どうすればいいのでしょうか?

 

体を鍛える。それも一つです。心と体は、思っている以上につながっています。運動をしたり、外に出て遊んだり、ということは、心も体も大いにたくましくするでしょう。

 

私は、それ以上に大事なことがあると思います。それは、どうであっても、自分は大丈夫だ、と子どもに思わせることです。

 

運動をすれば、失敗したり、恥をかいたり、負けたり、怪我をしたり、バカにされたりもします。友達と外に出れば、嘘をつかれたり、逆に意地悪をしてしまったり、いろいろなことが起こります。

 

そういう全ての出来事は、成長上、あることとして、丸ごと認められるかどうかは、決定的に重要なのではないかと思います。

 

このような考え方は、理解してくださる方にとっては、もはや言うまでもないほどのことなのです。

 

でも、一方で、このような考え方を、単なる「甘やかし」と感じる方も、いらっしゃいます。確かに、そう考えることもできます。