現役高校教師の新聞投書が賛否を呼んでいるそうだ。

 

高校生の茶髪・ピアス禁止は「悪しき統制主義」? 現役教師の新聞投書で議論沸騰

 

投稿者は32歳の現役男性高校教員だそうだが、「髪を染めたり、ピアスをしたりすることが、なぜいけないことなのか。(略)それは『あるべき生徒像』という教員の私的な好みや趣味を、子どもたちに押しつけているだけではないだろうか」と始まり、「あしき統制主義でしかないと思う」と教科書で習った過去に思いを馳せ、やがて「本人の決定に委ねる以外にない。それが、憲法13条の要請している個人の尊重の精神である」と憲法を持ち出して締めくくっている。

 

あーそういえばこんな感じにそっくりなのをアタシも14や15の頃、国語の作文やら小論文の授業やらで書いてたなーと思い出し、もう一度「そうか、これが32歳の現役高校教師の書くものなのか……」と複雑な思いで読み直すのである。

 

で、この新聞への投書を読んだツイッターユーザーが紙面を撮影した画像をツイートし、若い世代が「こんな先生に出会いたかった!」「すっげーカッコイイ」「学校の先生たちに見せてえわ!!」と盛り上がったらしい。

 

だが、未曾有の母数を持つ団塊ジュニアど真ん中で、ひとクラス50人×12クラスの「ザ・集団統制教育」の中で大人にガタガタ言われながら育ってきた40代としては、正直「こんな子どもの実数も激減して、いまや大学だって全入、教育の形だって公教育私学問わず現場が実験と革新の精神で前向きに改善に取り組んで、集団教育から個々人の事情に即したアラカルト教育へと移行している時代に、今さら校則ガーとか個人の尊重ガーとか、古いというか、教員としてもっと外に出て社会のうねりを見た方がいいのではないか?」と引いてしまった。

 

いい大人なんだから、盗んだバイクで走りだす15の夜ってなワケでもなかろうに……上司や年上の先生たちと何かあったのかな?と、慮ってしまうほどである。真面目クンなんだなー、生きづらいこともあるだろうなー、若い頃ちゃんと金髪やピアスして来なかったんだなー。だから30過ぎて自分がもう既に「大人」の側にいることに気づかずに、自分より上の世代の「大人」に反抗してるんじゃないかなぁ。

 

あ、もしかして結構な田舎なのかな?と思って見たら神奈川とあって、えーっそれじゃよほどの底辺校なのかしら、大変だなぁ……と、また慮ってしまうのだ。とにかくこの、教育現場での個の尊重はやりすぎなくらい徹底している2016年に「校則は個人を尊重していない」と主張する今更感をどう処理していいのかわからないくらいの違和感であった。