オンラインのビデオサービス「Netflix」(ネットフリックス)が日本でローンチしてから4ヶ月が経過しました。

 

当初、オンラインビデオサービスの黒船として大手メディアを中心にストリーミングユーザーが大幅に増加するような風潮がありました。しかし、現時点でそれほど多くのユーザーが利用しているというわけではないようです。

 

これは、日本とアメリカでの状況がかなり違うことが影響しています。

 

全世界のユーザー数は7000万で、そのうち4000万がアメリカなので、3000万がその他の国となりますが、ほとんどがヨーロッパや南米と思われます。

 

そもそもNetflixはDVDの通信レンタルで多くのユーザーを獲得していたサービスです。そのユーザーがオンラインでの映像配信サービスを利用するようになったわけで、時代に合わせて業態を変化させた企業です。

 

このため、日本とは違ってオンラインで1からユーザーを獲得したわけではありません。

 

1からスタートしているHulu、通販のヘビーユーザー向けに便利なAmazonビデオ等、競合サービスはいくつかありますが、NetflixはDVDからオンラインへの配信へとスムーズにユーザーが移行できたこともあり多くの会員を獲得しています。