仕事や育児、家事など、毎日忙しく過ごしている人も多いだろう。子どもを持つ共働き夫婦はいったい家事や育児をどのようにしているのだろうか? フルタイムで働く夫婦にアンケート調査を行った。

 

■家事・育児ともに分担をしている夫婦が半数以上
今回のアンケートは、子どもを持ち、夫婦ともにフルタイムで働いている男女300人が対象。まずは、家事や育児の分担に関する質問をした。結果は以下のとおり。

 

●Q. 夫婦で家事・育児の分担をしていますか?(単一選択)

 

・家事、育児ともに分担をしている(63.0%)
・家事はしているが育児は分担をしていない(6.3%)
・家事はしていないが育児は分担をしている(7.3%)
・家事、育児ともに分担をしていない(23.4%)

 

「家事・育児ともに分担をしている」(63.0%)がもっとも多い結果となった。フルタイムの共働き夫婦は、どちらも仕事が忙しいため、家事や育児を分担することでうまく折り合いをつけているのだろう。とはいえ、「家事・育児ともに分担をしていない」(23.4%)を選択した人もいる。お互いに気が付いたほうがなんとなく家事や育児をしているのだろうか。

 

■家事・育児の分担満足度、夫は68点、妻は62点
では、現在の家事や育児の分担についての満足度はどのくらいなのだろうか? 100点満点中何点かを答えてもらったところ、平均値は夫が68点、妻は62点という結果に。妻よりも夫のほうがやや高い点数にはなっているが、どちらも60点台であまり高得点とは思えない……。さらに深く探るために、さきほどの質問で「家事・育児ともに分担をしている」を選択した人に、分担している項目についても質問をした。

 

【図1】20項目のうち10項目は「おもに妻が担当」が最も多い結果となった(SUUMOジャーナル編集部)

 

複数の項目を用意し、「おもに夫が担当」「ほぼ半々」「おもに妻が担当」のなかから近しい項目を選択してもらったところ、夫よりも圧倒的に妻のほうが担当している項目が多くなっている。