生活習慣病として、年々患者数が増加している糖尿病。

 

厚生労働省による「患者調査」によると、2014年の糖尿病患者数は316万6,000人。2011年調査では270万人だったので46万6,000人増。これはまだまだ伸びると言われている。

 

そのため、食習慣の改善や運動指導について行政や医療側だけでなく、メディアなどで取り上げられることも常になった。

 

これに伴い、糖尿病や健康を意識した食事について、ここ数年、栄養コントロールを明確にした飲食店が注目をあつめている。例えるなら以下のようなお店だ。

 

大阪初の「タニタ食堂」が吹田・千里丘にオープン

 

ヘルシーこそがセクシー!新美活スポット「鹿屋アスリート食堂」

 

このように外食でも健康を意識し、なおかつ美味しい食事を摂るという流れはできつつある。だが、これらは健康食専門のお店であり「健康食を摂りたい」という目的が明確な個人や団体が利用者の大半ではないだろうか。

 

それはもちろん健全なことなのだが、外食は家族や知人と行く機会も多いものである。そういった場合、健康食のお店を選択して行くことは、そう多くはないだろう。

 

と、なると普通の飲食店に行くことになるのだが、食事を共にするメンバーに糖尿病を患っている方がいた場合、食事量や内容の調整などについて事前予約が必須であったり、神経を使うことも多々あるのではないだろうか?

 

その点を考慮すると、街にある普通の飲食店で糖尿病患者向けの別メニューが出てきてもよいのでは?と思っていたが、現実的なことを考えると手間も多く、なかなか難しいことではないかというのも頭にあった。

 

ところが、鹿児島県にある「いちき串木野市」が市をあげて「食と健康」をキーワードに、街の飲食店に糖尿病やその予備軍のためのメニューを展開しているという。