2015年12月21日、カフェインを含む「エナジードリンク」を飲んでいた九州地方の20代男性が、国内で初めて「カフェイン中毒死」したと、福岡大学法医学教室が報告したというニュースが流れました。

 

私たちの身近にある飲み物に含まれているカフェインで亡くなるというニュースは大変衝撃的なものでありました。

 

コーヒーから抽出されたカフェインは、有名な効果として、眠気覚ましに用いられるように覚醒作用があります。そのほかにも、尿意を感じさせたり、胃酸を増やしたり、疲労感を軽減させたりする作用があり、じつは片頭痛の治療にも使われることがあります。

 

しかし、適切な量を超えて物質を服用すると「中毒」になります。

 

中毒とは、人体に影響のある物質が許容量を超えて取り込まれ、体に悪影響を及ぼすことをいいます。

 

中毒には大きく分けて、一度に大量の物質を摂取したときに生じる「急性中毒」と、少量の物質を長期間摂取したときに生じる「慢性中毒」の2種類があります。

 

カフェインは体内で速やかに分解されるので、ちょっとやそっとの量で死に至るような急性中毒になることはありません。しかし、体内で分解できないような成分、たとえば鉛や水銀などの金属のようなものであれば、少量の摂取を繰り返すと徐々に蓄積されていくため、慢性中毒となります。