12月10日オープン。「ららぽーと立川立飛」の魅力をレポートします!

画像提供:三井不動産

 

東京・多摩地区の中核都市である立川市に、「三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛」が12月10日にオープンしました。店舗数250店、床面積約15.4万平方メートルという、ららぽーとで6番目に大きな規模(2015年12月時点)で、西東京エリア最大級のショッピングモールです。グランドオープンに先駆けて行われた報道関係者向けの内覧会で、特徴と魅力を探ってきました。

 

■大型商業施設のさらなる充実で、魅力度を増す立川
立川は、「不動産のプロがおススメする街ランキング 2014 関東版」で総合6位、関東在住者対象の「住みたい街ランキング 2015 関東版」調査において「今後注目が集まり、地価が値上がりしそうと思う駅のランキング」で立川駅が12位(いずれもリクルート住まいカンパニー調べ)と、今、注目度の高い街の一つです。

 

市内にはJR中央線、青梅線、南武線と、多摩都市モノレール、西武拝島線の5路線が走り、立川駅から新宿駅まで最短26分、川崎駅まで約1時間と、乗り換えなしで都心や神奈川方面へ行けるアクセスの良さが魅力。さらに、奥多摩や高尾など山が近いエリアや、多摩地区の南方面(多摩動物公園などがある)・北方面(多摩湖などがある)に電車で移動しやすく、自然に親しみやすい環境です。

 

【画像1】立川市を南北にモノレールが貫いています(画像提供:三井不動産)

【画像1】立川市を南北にモノレールが貫いています(画像提供:三井不動産)

 

また、立川駅から徒歩10分、西立川駅から徒歩2分という場所に、約165ヘクタール(東京ドーム約40個分)という広大な昭和記念公園があり、都市にいながら身近に自然を感じることの多い環境でもあります。

 

立川駅周辺には、大型デパート(伊勢丹、高島屋)、駅ビル(ルミネ、エキュート、グランデュオ)をはじめ、ビックカメラ、2014年開業のIKEAなど、大型商業施設が充実しており、休日・平日を問わず、多くの人が行き交い集まる街となっています。

 

そうした環境に今回、ららぽーとが加わったことで、立川はより一層、魅力あるショッピングゾーンとなるのです。

 

「ららぽーと立川立飛」の大きな特徴は、駅直結というアクセスの良さ。多摩都市モノレールで立川北駅から2駅4分、立飛駅南口の目の前に立地しています。ちなみに駅の南口改札は、ららぽーとのオープンに合わせて新設されました。内覧会に参加していたお子さん連れの方にお話を聞くと、「ベビーカーで子どもと移動するので、駅からすぐというのはとてもうれしいです」(20代・女性)という声がありました。

 

【画像2】左:立飛駅から2階へつながるブリッジ(画像提供:三井不動産)、右:駅から続く広場に面してテラス席のあるレストランも(撮影:金井直子)

【画像2】左:立飛駅から2階へつながるブリッジ(画像提供:三井不動産)、右:駅から続く広場に面してテラス席のあるレストランも(撮影:金井直子)