今夏、リクナビNEXTジャーナルで紹介した「男性必見! 松屋銀座バイヤーが教える『この時期、ビジネスシャツの下には何を着るべきか?』」。松屋銀座の紳士服バイヤー・宮崎俊一さんに、真夏のシャツ透け問題に切り込んでもらった記事だ。シャツ透け問題がビジネス問題にまで発展し、賛否両論ありながらなかなかの反響を得た。「乳首が透けずに済んだ」「爽やかに猛暑を乗り切れた」という人も多かったのではないか。

 

同記事でも随所で触れたが、宮崎さんは「これでいいか……という少しの気の緩みがビジネスにおける第一印象を台無しにしかねない」と日本のビジネスパーソンに警鐘を鳴らし続けており、数々の著書でビジネスシーンにおけるスーツスタイルの基本を提唱している。

 

▲株式会社松屋 銀座本店 紳士部MD課バイヤー 宮崎俊一さん

 

そして、先日発売された新刊『ビジネススーツを格上げする60のルール』では、「ビジネスパーソンの実に9割が、間違った小物選びでスーツスタイルを台無しにしている」と訴える。今回は同書より、スーツ姿をレベルアップしてくれる小物選びのポイントを、いくつかご紹介したい。

 

■リュックやソックス…知らずに使っているNGアイテムたち

スーツにリュック、ごついスポーツウォッチ、くるぶしが見えそうなスポーツソックス……よく見かけるビジネスパーソンの姿だ。実際に自分も身につけているという人も多いだろう。

 

しかし、これらすべて「たった1アイテムで全身を台無しにしている」と宮崎さんは指摘する。

 

●悪目立ちするスポーツソックスにメリットはなし

くるぶし丈でラインやメーカーのワンポイントが入っているような「スポーツソックス」は、ビジネススタイルではあり得ない。ましてや「白いソックス」は全身の印象を台無しにするほどの破壊力がある。スーツ姿で靴下が目立つことにメリットはなく、全体のバランスが崩れてしまうだけ。

 

「みんな履いているよ」と言う人もいるかもしれないが、どれだけ多くの人が履いていようがドレスコード違反に変わりはない。

 

●大ぶりのスポーツウォッチはスーツに馴染まない

モノ自体が目立ってしまってはビジネスアイテムとしてはNG。ビジネススタイルは、相手あってのもの。好きだからという理由だけで選ばないこと。

 

樹脂製ベルトの大きな時計と、ステンレスや革ベルトの時計、どちらがスーツに馴染むかは明白。それに、仕事相手に仕事内容よりも「デカい時計をしていた人」という印象ばかり与えてしまう恐れもある。スポーツウォッチは、休日に楽しもう。

 

●リュックはショルダーラインを台無しにする

ダークな色味でナイロン素材、A4サイズの書類やPCが入るリュックを通勤に利用する人は多い。確かに、両手が自由になるし便利ではあるが、ジャケットのショルダーラインはビジネススタイルの印象を決める「スーツの命」とも言うべき場所。ここが荷物の重さで擦り減ったり型崩れしてはスーツが台無し。できるだけ使用時間を最小限にしてダメージを減らそう。

 

ただアウトドア系のリュックは完全にNG。ファッション業界の人がハズシで使うことはあっても、一般のビジネスパーソンが使用するのは難易度が高く、見た目も「水と油」だ。

 

▲左がNG例、リュックにスポーツウォッチ、トンガリ靴はビジネスシーンにそぐわず、どこか野暮ったい印象。右のOK例と比べると印象の差は歴然だ