■そもそも外気との差をカバーして温度差がなくなるようにカロリーを消費しているんですけど…

人間は恒温動物です。外気が冷えてきても一定の体温を維持します。基礎代謝を実際に測定する場合に使用される実験室の室温は15~25度です。室温が25度の場合、体温が35度だとすると10度の差を埋めるために、1時間で30kcal消費することになります(前述の計算を基準とします)。

 

「70000kcalを消費するためには、マイナス2333度の温度差がある部屋に1時間いる必要」

 

あるいは、10度の温度差がある部屋に97日間住み続ける必要があります(絶対零度というのがあって、マイナス273.15度以下にはなりません)。カイロを貼ることにより体温を上げて10kgの減量に成功したなら、この理屈っぽい条件じゃないと理系のオッサンは納得しません(笑)。多分、この書き方で97%くらい女性ファンがいなくなった気がします。

 

運動等で体温が上昇するのは、激しくエネルギーを消費した結果ですから、体温を上げることによってエネルギーが消費されるのとは真逆です。

 

■ツボをカイロで温めたので効果があった?

鍼灸で使用される「ツボ」を頭から否定する医療関係者も多いですが、実は私は結構「ツボ」って好きな考え方なんです。カイロを貼るだけダイエッターは丹田にカイロを貼ることをオススメしています。でも丹田って言っても細かく分類すると三か所あるし、丹田を温めてなぜダイエットできるかの理論が全く理解不能です。「丹田+ダイエット」で検索すると「丹田ダイエット」が結果として表示されますので、それにインスパイアされたんでしょうかね?

 

丹田ダイエットは呼吸による健康法(効果あるかないかは不明)ですし、呼吸方法を工夫すればインナーマッスルを鍛えることができ、ぽっこりしたお腹が凹むのは事実です。しかし、安易にカイロを貼るだけでインナーマッスルが鍛えられるとは考えられませんし……。

 

■カイロを貼るなら火傷に注意してね

効果を期待するあまり、ダイエットサプリを基準量の2倍飲んじゃった、って人いませんか? 頭が痛いからロキソニン2錠飲んじゃった人いませんか……私だ。カイロを貼ってダイエットするつもりで、全身に貼りまくったり直接肌に貼ってはいけません。この季節はカイロで低温やけどでひどい目にあった患者さんがかなり多く来院されます。低温やけどは跡が残りやすいので、くれぐれも気をつけてください。