■風邪に罹患、医師で「必ず服薬」は2割以下

 

今回は、医療者自身の服薬に対する意識についてお伺いしました。

 

(略)

 

インフルエンザでは概ね7~8割が「抗インフルエンザ薬」を服用すると答えましたが、生活習慣病では、「必ず服用」は4割弱から5割強に。風邪では1割から3割とバラつきがありました。特に、生活習慣病にかかった時、薬物治療を行うかどうか、医療従事者でもその判断は迷うようです。

 

風邪の時に「必ず服用する」と答えた割合が高かったのは、「その他の医療従事者」で28%、最も少なかったのは「勤務医」で13%でした。風邪は「服薬しない」を選ぶ割合も高く、特に勤務医の20%は「服用しない」を選び、「必ず服用する」が「服用しない」よりも少ないという結果になりました。

 

※医療従事者専門サイト「m3.com」調べ

 

なるほどですね。私自身も風邪では薬はほとんどのみません。幸い風邪をひくこと自体がほとんどないので、機会そのものが少ないのですが……。この記事のように、多くの医師は風邪で薬を飲むことは少ないと思われます。

 

通常、“風邪”というと、“かぜ症候群”。つまり、“急性上気道炎”のことを示します。急性上気道炎の原因のほとんどはウイルスです。

 

よく言われていることですが、ウイルスには抗生剤は効きません。抗生剤は効きませんが、たいていは免疫力で治癒することが可能です。咳や発熱など、症状がきつい場合に咳止めや解熱剤などを処方します。

 

咳は異物を除去するための体の防御反応として出ている面もあり、よほどきつい場合以外は薬を飲む必要はありません。ただし、ウイルスをまき散らす可能であるので、人前ではエチケットとしてマスクをした方がいいでしょう。また熱に関しても、発熱した方が免疫力が高まるので下げる必要はありません。

 

38度の熱だから下げるのではなく、熱で身体がキツイ場合に下げるべきであり、そうでなけれなれば無理に下げなくても大丈夫です。欧米では、風邪で受診しても、解熱剤ぐらいしか出してくれません。これは不親切な訳でなく、処方しても効果がないと知っているからです。