私は解熱鎮痛剤は飲みませんし、風邪っぽいな~という時も風邪薬は飲まずに必要な漢方やサプリメントで乗り切ってしまいますが、継続的に飲んでいる薬もあります。それがピルです。

 

ピルを服用する目的は、確実な避妊を自分の手で行う、というだけではなく、月経を自分のスケジュールに合わせて好きな時に来させたり、卵巣がんや子宮体がんの予防のためでもあります。最近、ピルによって得られる様々な副効用や、ピルをやめた後もよい状態が継続することがあるのは、単純にピルのホルモン作用だけによるものではないのではないか、ということに気付きました。

 

ピルによって月経をコントロールできるようになると、しばしば患者様から聞かれる言葉が「生理に振り回されなくなりました」といったものです。ピルを飲む前は、月経が「来るもの」で、それとともに腹痛などの不調が「否応なく降りかかってくるもの」だったのが、ピルを飲むことによって月経を「来させる」ことができるようになり、月経期の体調も自分でコントロールできるようになるわけです。

 

それまで月経に対して「受け身」だったものが、ピルを服用することによって月経に対して「主体的」になれるといえると思います。