移動美容車(室)ってご存知ですか? 介護施設などを訪問して、その場でシャンプーやカラーリング、カットのサービスを受けることができるサービスです。

 

一説によれば、コンビニより数が多いとも言われる美容室。首都圏での競争は激しさを増しています。夫婦で経営しているような小規模な美容室は、発想の転換の必要性を説かれたところで対応できるリソースもなく、ある程度の規模を持ってブランド展開している美容室であっても、妙案など簡単に頭に浮かぶものでもないでしょう。市場の環境だけを考えれば、状況はかなり厳しいのではないかと思います。

 

施設を訪問し、サービスを提供している美容室もありますが、ただの美容室機能の配達では市場はすでに反応しなくなっています。発想をどのように転換するのか、その切り口を見つけることが重要です。

 

少し前の記事になりますが、2015年8月31日付けの日経MJ(流通新聞)20面に、大阪を中心に美容室を展開する「デレディール」の移動美容車についての記事が掲載されています。

 

記事によれば、この移動美容車は「高齢者のおしゃれ心を大切にしたい」をコンセプトに、高齢者向けの介護施設をまわり、サービスを提供しています。人が訪問して、皆と同じようにカットをするという「機能」を提供しているのではなく、美容室ごと近くの駐車場まで運んでいき、施設の高齢者たちに「近くのサロンに行っておしゃれをする」という体験・行動を提供しているのです。このサロンの経営者の想い、こだわり、優しさがとても伝わってきます。