松岡修造、NON STYLE井上による、ポジティブになれる金言満載の日めくりカレンダーが話題を集めているが、「ヒロシです……」から始まる自虐ネタでおなじみの、お笑い芸人・ヒロシさんのネガティブカレンダー『まいにち、ネガティブ。』が密かな人気だ。1万部売れればヒットと言われるカレンダーにおいて、9月に発売以降すでに4万部を売り上げている。

 

「ピンチはピンチでしかない」

「苦しいときほど笑え……笑えるくらいならとっくに笑っています」

 

このようなネガティブワードに、「頑張りすぎないでいいんだ」「自分らしく生きればいいんだ」と勇気づけられた人が多いようだ。

 

そんな“生粋のネガティブ”ヒロシさんにインタビューを敢行。ネガティブ・ルーツを探るとともに、今のポジティブ流行りをどう思うか聞いてみた。

 

f:id:itorikoitoriko:20151105140451j:plain

●ヒロシさん

1972年生まれ、芸歴21年目。1995年にお笑いコンビ「ベイビーズ」として活動開始。解散後、ピン芸人に転向。「ヒロシです……」から始まる自虐ネタが人気を集め、2004年、2005年と2年連続R-1ぐらんぷりで決勝進出を果たす。趣味はキャンプ、キャンプ動画を撮影して自らYouTube「ヒロシちゃんねる」を開設している。今年9月に発売した日めくりカレンダー『まいにち、ネガティブ。』がスマッシュヒット中。

 

いじめっ子を見返す…が長年の心の拠り所に。蓄積されたネガティブな感情が今に活きる

 

――そもそも、ヒロシさんが今のネガティブな芸風に至ったのは、どういういきさつからなのでしょうか?

 

小さい頃から、いじめられっ子でした。おとなしくて人見知りで、引っ込み思案で、いじめられても反撃もできずにただ黙って下を向いているだけの子どもでした。

 

そんな僕の当時の心の拠り所が「お笑い」。小学生の時に漫才ブームが起こって、ツービートさん(ビートたけしとビートきよしのコンビ)に憧れていました。いじめられるたびに、「お笑い芸人になってTVにいっぱい出て、いつかあんたたちよりいい生活をしてやるんだ」と思い、耐えていました。

 

そして23歳の時にコンビでデビューし、その後ピンになって今のスタイルでTVに出られるようになったのが30過ぎのことです。……鬱屈した思いを30年近く拠り所にして生きてきたんだから、そりゃ筋金入りのネガティブになりますよ(笑)。

 

コンビ時代は、キレ芸でした。大人になっても人見知りは変わらなくて、舞台での緊張が半端なくて……大声でキレることで緊張が和らいだんです。でも、コンビ解散後ピンになったら、コンビよりも何倍も緊張するんですね。緊張のあまり客席をどうしても見られなかったから、「下を向いてブツブツ自虐ネタを言う」という今のスタイルに落ち着きました。ネガティブに生きてきた長年の蓄積がありますから、自虐ネタには困りませんでしたね(笑)。