東大を卒業して世界最大の外資系コンサルティング会社「マッキンゼー・アンド・カンパニー」に就職。そこでなぜか心機一転して会社を辞め、お笑い養成所に入学。お笑いの世界に足を踏み入れた異色の女性芸人・石井てる美さん。なぜ順風満帆のキャリアを捨て、お笑いの道に飛び込んだのでしょうか。また、受験勉強とコンサルティング会社で鍛えたその頭脳を、「お笑い」というフィールドでどのように活かしているのでしょうか。石井さんのこれまでの経歴と、これからの展望について聞いてみました。

 

■お笑いの世界には、正しい答えがどこにもない!

 

――芸人になってから苦労したことは何ですか?

 

石井:まず、ネタが全然できなかったですね。私はもともとお笑いをそんなに見ていたわけじゃなくて……。学生の頃から、友達に冗談を言ったり、人前に出てふざけたり司会みたいなことをやったりするのが好きで、そこから芸人になりたいと思っただけなんです。

 

だから、最初はネタの作り方も分からなかったし、自分がやりたいことを形にするにはどうすればいいかも見えていませんでした。でも、いま思うと、養成所にいる間はお笑いの世界の厳しさもよく分かっていなくて、あまり危機意識も持っていなかったかもしれないですね。

 

――昔から友達を笑わせたりするのは好きだったそうですが、そのやり方がプロの世界では通用しなかった、ということでしょうか。

 

石井:そうですね。私は、自分では昔から友達をガンガン笑わせていたと思っていたので、芸人になっても同じようにお客さんを笑わせられるはずだと思っていたんですよ。でも、いざ舞台に出てみたら全然ウケないし、これはまったく違うことなんだなって思いました。

 

最近になってようやく、一周回って結局は同じことなのかも、とも思うようになってきました。友達を笑わせるときに言っているようなことを、大勢のお客さんの前でも言えるかどうか、っていうのがポイントなんですが、それって実は結構勇気が要ることなんです。自分のことを全く知らない大勢の人の前でも、いつもの素の自分をちゃんとさらけ出すことができれば、人を笑わせることができるのかもしれない、という気がしています。

 

――石井さんの学力を活かして、お笑いの世界をロジカルに攻略することはできないのでしょうか?

 

石井:いやあ、全然できないですね。大学受験の問題って、必ず答えがあるじゃないですか。東大の入試問題も、義務教育の教科書の範囲内で解けるという前提で作られているんです。過去の入試問題を調べて、問題の答えを見て、そこにどうやってたどりつくかを考えればいいだけなんですよ。

 

でも、お笑いの世界では答えがありません。何を目指して、どの答えに向かって走っていけばいいか分からない。それがクリエイティブな世界っていうことなんでしょうね。学校の勉強では与えられたものをこなしていけばいいんですけど、お笑いでは何もないところから始めて、ゼロから1を作り出さないといけないんです。

 

東大に一度入ると、「これに乗れば大丈夫」っていう人生のレールがたくさん敷かれていて、ある程度は食いっぱぐれない安定の人生が保証されている。そして、基本的にはそれを求める人が入る大学なんですよね。もちろん東大に入った人の中でも、何らかの分野で圧倒的な才能がある人なら、それを伸ばしていけばいいのかもしれません。

 

おそらく私みたいな凡人は、せっかく東大に入れたんだから、そこに乗っかっていた方が安泰な人生を生きられたと思うんですよね。実力も才能もないのに、わざわざ丸腰で勝負しなきゃいけない世界に飛び込むのは無謀なことなんでしょう。けれども私は、せっかく生まれてきたのに、チャレンジしないで先が見える安定の人生を送るのが楽しいとは思えませんでした。リスクを承知で、この世界に飛び込んだんです。