10月のGSテストの結果が戻ってきました。1人ひとりの成績や志望校合格率をじっくり見ていたら、あっという間に1時間以上が経過してしまいました。先月もそのことを感じましたが、今月はさらに成績の変動が大きいようです。夏に頑張った分が結果となって表れて来る時期であると同時に、秋になってからの勉強量・気持ちの入り方の差が大きいことが要因になっているのだと思います。

 

どの学年も、全体として1学期よりは成績が上がってきています。ほとんどの学年が、全員全科目の平均で偏差値60を超えています。特に成績上位の生徒たちがさらに伸びているのが目につきます。小6と中3では、全国数千人の中で2位(男女別では全国1位)の生徒が出ました。そういう生徒がいると、周りも良い方に引っ張られるケースが多いのですが、やはりそれに続く生徒たちも成績が上がってきています。

 

非受験学年のクラスも全体的には成績が上がってきていて、全国で上位を争っている生徒たちが多いのですが、まだ小6・中3ほどには目の色が変わっていません。少し成績が上がったら安心してしまい、「上には上がいるのでそのライバルたちを倒そう!」というテンションになってこないのです。特に小5・中2の生徒たちは、そろそろ受験生としての意識を持たせなくてはならないので、気合いの入れどころだと考えています。

 

GSは成績順で2クラスに分かれている学年が多いのですが、その2番手クラスの上位の生徒たちで飛躍的に伸びてきている生徒がいます。上位クラスの真ん中くらいの位置に一気に上がってきた生徒もいます(学年によってはクラス替えを行いました)。

 

全体的には成績が順調に推移している一方で、クラスで何名かずつは苦しい状況(成績が横這い&下降)に陥ってしまっている生徒もいます。当然、生徒面談や保護者面談の中で、改善すべく様々働きかけを行っているわけですが、やはりそれらの生徒にはいくつかの共通点があることが見えてきました。