皆さんは普段どれだけ怒っていますか? 「怒るなんてかっこ悪い、みっともない」というように、怒ることにデメリットを感じる人も少なくないかもしれません。

 

でも、「怒る」という感情を持つことは、ネガティブなことばかりではありません。

 

「怒り」はうまくコントロールすることで、エネルギーやモチベーションに変えることもできるのです。それが「アンガ―マネジメント」です。

 

今回は日本アンガーマネジメント協会代表理事の安藤俊介さんによる講演・ワークショップから、それらのエッセンスを紹介したいと思います。

 

■怒りのメリット、デメリットとは?

f:id:pinq4387:20150924122849j:plain

●一般社団法人日本アンガーマネジメント協会 代表理事 安藤俊介さん

怒りの感情コントロール専門家。「アンガーマネジメント」の日本の第一人者。日本人としてはじめてのナショナルアンガーマネジメント協会、アンダーソン&アンダーソン、MFTNY公認のアンガーマネジメントファシリテーター。ナショナルアンガーマネジメント協会では、1000名以上在籍するアンガーマネジメントファシリテーターの中で15名しか選ばれていない最高ランクのトレーニングプロフェッショナルに、アメリカ人以外では唯一として登録されている。著書に『この怒り 何とかして!!と思ったら読む本』『イラッとしない思考術』『怒りのマネジメント術』など。

 

まず、怒ることのデメリットを考えてみましょう。おそらく、「あとで後悔する」「相手と気まずくなる」など、メンタル面を挙げる人が多いのではないでしょうか。でも実は、「身体に及ぼす悪影響」のほうがデメリットは大きいのです。体のあらゆる機能が落ち、通常の7~8倍くらいのダメージがあると言われています。

 

一方で怒ることのメリットは何でしょう。「すっきりする」「相手にはっきり意志が伝えられる」といったことがありますね。そして意外に思われる方もいるかもしれませんが、「モチベーションにつながる」というメリットがあるんです。

 

「くやしいから頑張る」「負けたくないから努力する」などの源となるアドレナリンは、怒りのエネルギーがないと生まれません。怒りが向上心を生むことも多々あるのです。青色発光ダイオードの発明でノーベル賞を受賞した中村修二さんが「自分のモチベーションは怒りだった」と言っていたのは有名な話ですね。

 

とはいえ、怒りをマネジメントするのは簡単なことではありません。それは普段使い慣れているか、そうでないかの違いです。たまに職場では怒ることを押さえてしまい、その反動で家庭で怒りやすくなっている人がいます。また、その反対のパターンの人もいます。

 

正解はありませんが、大切なのは怒るべきことは怒る、怒らなくていいことは怒らないようにすること。この線引きができることが重要です。「あのとき怒っておけばよかった」「あんなに怒らなくてよかった」……そんな怒りの感情で後悔しないように、アンガ―マネジメントを学んで、怒りを上手に表現できるようになりましょう。

 

f:id:pinq4387:20151015164546g:plain