今回の件に関してもう一点、改めて考えさせられたことがありました。世の中には、戸籍上は男性だけど見た目は女性とか、その逆とか、男性にも女性にも見えるような方たちもいらっしゃいます(身体の性と心の性が一致しないトランスジェンダーの方や、性分化疾患の方など)。そういうセクシュアルマイノリティの方たちは、男性限定/女性限定と銘打たれたイベントの場合、「私はどっちに行けばいいの?」「入ってもいいのかな?」と戸惑うことも多々あると思うんです。

 

今回の「男祭り」でも身分証チェックがありますが、たとえ見た目が完全に男性であっても、まだ戸籍上の性別が変わっていないFtM(女性から男性へのトランス)の方などは、入れてもらえないわけですよね。そういうファンのことを無視しちゃっていいのかな……と。ももクロが所属する事務所は、「SECRET GUYZ」というFtMユニット(マジでカッコいいです。「男祭り」と同じ10月31日に横浜レインボーフェスタに出演するので、ぜひ見てください)もいるので、ジェンダーコンシャスなイメージだったんですけどね……。

 

ちなみに、「Perfume」のライブでは、MCで「男子~(イェーイ)、女子~(キャー)、そうじゃない人~(○×%&♪)」というかけあいが恒例になっていて、毎回Perfumeのコスプレで(要は女装して)参加する方も大歓迎なのです(先日の「Perfumeダンスコンテスト 創部門」で見事に優勝! おめでとうございます)。以前のピンクレディーのコンサートなども、女装したお客さんが名物になっていて、TVでも紹介されました。そういうフレンドリーなアーティストの方が素敵だなあ、応援しようって思う方も多いと思うんですが、いかがでしょう?