2015年9月19日。

 

この日は日本のラグビーファンのみならず世界のラグビーファンにとって忘れられない日となりました。そうです、第8回ラグビーワールドカップ、ラグビー日本代表は強豪南アフリカ代表と対戦し、大方の予想を覆して34-32で勝利しました。その後、日本代表はサモア代表、アメリカ代表に競り勝ち、3勝1敗という好成績を残し、私たちに感動と勇気を与えてくれました。

 

実際にプレーをする代表選手だけではなく、スタッフ全員が一丸となってつかんだ勝利ですが、その原動力のひとつが、背番号15の五郎丸歩選手のプレースキック。テレビ中継でも大きく取り上げられることが多く、キックを蹴る直前の両手を合わせて祈るような独特なポーズは私たちの目に焼きついていることと思います。

 

その独特なポーズのため、メディアなどで取り上げられることが多いのですが、あれは単なるパフォーマンスではなく、キックの成功率を上げて試合に勝つために必要な動作の1つなのです。この一連の動作を心理学では「プレ・パフォーマンス・ルーティン(以下「ルーティン」)」といい、自らの能力を最大限に発揮しやすくしてくれる効果があります。

 

このルーティンを行うことで、結果の良し悪しを気にすることなく、一連の決められた行為を実行することに集中でき、望んだ結果につなげられます。もし失敗したとしても、ルーティンを見直すだけで、次の成功につなげることができるというわけです。

 

さて、自らの能力を最大限に発揮したいのは、五郎丸選手をはじめとするスポーツ選手だけではありません。普通の生活をしている私たちも、そう願っています。

 

「プレゼンのときに過度に緊張してしまい、思ったことが説明できない」

 

「ゴルフでどんなに調子が良くても、最後のホールで大叩きをしてしまい100を切ったことがない」

 

などなど、普段のパフォーマンスを発揮できればなんてことはないことなのに、いざというときにうまくいかないことが多い人は、五郎丸選手のようにルーティンを取り入れてみることをオススメします。