『フリーマガジンR25』および『R25』から一部抜粋されたネット記事によると、女優の新垣結衣(27)の身長が今なお伸び続けていることや、“(身長の)逆サバ読み”疑惑が世間を騒がせているのだという。

 

公表プロフィールによると、新垣の身長は168cm。しかし、10月5日放送のトークバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、共演俳優と並んだときに引けをとらないことから、「ガッキーの10年背比べ007」として、新垣の成長を等身大パネルとともに検証した。

 

それによると、2006年に18歳だったときは161cmだった身長が、2010年(22歳)には166cm、2012年(24歳)で167cm、2015年には168cmと、10年間伸び続けていることが判明し、本人もみずから「先週測ったら169cm」だったと告白した。

 

このことについて、ツイッターでは、

 

「俺、ガッキーより身長低いやんけ」
「俺ガッキーより身長小さいのか…」
「ガッキーに身長1センチ負けてる(小声)」

 

……など、身長160cm台の男性から「衝撃を受けた」とするコメントが続出。さらに、

 

「ガッキーに俺身長負けてんの? つらいけど好き」
「新垣結衣に身長抜かれたので死にます」
「俺新垣結衣より身長低いんだな はげそ」

 

……と、よりダークな心境を吐露する声も多くあがった、らしい。

 

じつに嘆かわしいとしか言いようがない! 「いまだ日本男児のチビガール信仰は健在」ってことだ。