仕事に対して「どうもやる気が出ない」というとき、ありますよね。

 

やる気のないまま仕事にとりかかって、全然はかどらずにイライラ……そのうち苦痛の方が強くなって、ますますモチベーションが下がるという悪循環。そんな負のスパイラルに陥らないための、仕事のやる気スイッチを「オン」にするいくつかの方法をご紹介します!

 

今回、転職エージェントとして数千人のビジネスパーソンとの面談経験を持ち、自身も社内でMVPを連続受賞するなどの高業績を挙げてきた森本千賀子さんに「やる気スイッチの入れ方」について聞いてみました。

 

森本さんによると、転職サポートを行う中で、人の「やる気スイッチ」がいきなりオンに切り替わる瞬間を目にすることがよくあるとか。そうした事例と森本さん自身の経験から、モチベーションを上げるためのヒントをお話しいただきました。

 

f:id:tany_tanimoto:20151005172854j:plain

 

今の仕事の中で「面白い」部分に焦点を当ててみる

ビジネスパーソンは経験を積むほど、任される業務や役割が増えていくもの。目の前に降ってくる業務をひたすら「こなす」だけの状況では、ふと虚無感のようなものが湧き上がってきたりします。

 

けれど、多くの業務に追われる中でも「これをしているときは時間を忘れる」「楽しい」「面白い」と感じるものが何かしらあるはず。それを探し出して、日頃から強く意識してみてください。

 

私が転職をお手伝いした方で、金融機関で投資先企業の経営支援を手がけていた方がいらっしゃいました。その方は仕事に物足りなさを感じていたのですが、お仕事の話を聞いている途中、ある話題になったときに、表情が力強く輝き出したのです。その話題は「人材の採用・育成」でした。

 

彼自身はそれまで自覚がなかったようですが、経営の3要素「ヒト・モノ・カネ」を扱う中で、特に「ヒト」への興味関心が強かったのです。「それをさらに深めたい」という「やる気スイッチ」が入り、その方は人材業界に転職を果たしました。

 

転職までしなくても、数ある業務の中で「面白いもの」を意識してみると、その分野でスキルアップしたいという欲求や目標が湧いてくると思います。それを実行すれば、いずれ社内でその分野に特化した「スペシャリスト」になれる可能性もあります。

 

自分に刺激を与えてくれる人と話す

現状に不満やもやもやを抱えながら転職活動をしている人が、いきなり「やる気スイッチ」がオンになるシーンがあります。その多くは、「人との出会い」がきっかけです。例えば、面接を受けた人が「この人と一緒に働きたい!」と、当初はあまり乗り気でなかった企業への入社を決意したりするのです。

 

もちろん、転職の場面に限らず、人は人との出会いによって劇的に変わるものだと思います。自分に刺激を与えてくれそうな人に会いに行って話をしてみましょう。社内のスタープレイヤーに「お話しさせてください」とアプローチするのもアリ。取引先で気になる人に「一度ランチをご一緒させてください」と誘ってみるのもいいでしょう。セミナーや講演会に足を運んでみるのもお勧めです。

 

また、身近な友人や同僚などでも、「この人と話せば自分はやる気が出る」という人を見つけておくといいでしょう。

 

やる気が出ない状況が長引いている場合、故郷を離れて暮らしている人であれば、「帰省する」という手もあります。故郷には、自分のことを応援してくれている人、期待してくれている人がたくさんいます。親、きょうだい、恩師、旧友など……。その人たちの顔を見るだけでも「くすぶっていられない!」と気持ちを奮い立たせられるのではないでしょうか。

 

f:id:tany_tanimoto:20151005172915j:plain