クレジットカードのショッピング枠を実際の現金に交換する「クレジットカード現金化」。このクレジットカード現金化は、消費者金融などからの貸金とは違い、記録が残らないため、周りの人に知られずにお金を借りることができます。

 

また、クレジットカードの支払いは遅くなっても、怖い目にはあわないというイメージもあり、「今すぐ現金が欲しい」と思う人にはかなり利用されていると噂を聞きます。今回、このクレジットカード現金化が、どのような流れで行われるかをご紹介します。

 

まず言っておきたいことは、このクレジットカード現金化は、カード会社との契約違反であり、詐欺被害が多い非常に危険な行為ということです。

 

クレジットカード現金化行為は、クレジットヒストリ(信用情報記録)にかなりの悪影響を与えることになります。現代社会の金融活動で最も大きな影響を与える信用情報にこのような記録が残ってしまうといろいろと大変です。

 

昔は、金券や新幹線のチケットなどを大量に購入して、それを業者に売るという手口で個人でも現金化ができました。最近では、そのような金券の大量購入は、クレジットカード会社もチェックしており、発見するとすぐクレジットカードを停止しているそうです。そこで出てきたのが「クレジットカード現金化業者」です。

 

この業者は、どのようにしてクレジットカード会社に、ばれずにお客さんのクレジットカードを現金化しているのでしょうか。