■理想の二の腕シチュエーション

では、どんな二の腕が好きなのかを具体的に語らせて頂きます。

まずは定番の「ノースリーブ」。僕はノースリーブを着ない女性を異性とはみなしていませんので悪しからず。ノースリーブからほのかに揺れる二の腕。風鈴よりも優雅なので夏の風物詩として定着して欲しいところ。

続いては「私だって少しは筋肉あるんだよ」パターン。話の流れで力こぶを見せようと服をめくり上げたときに見える、隠されていた二の腕。たまりません。露出に抵抗がある人ほど話に乗ってくれませんが、上手く行ったときの喜びは格別です。

最後に、二の腕はなぜ二の腕と言うのかご存知ですか? 実は昔、一の腕と呼ばれていて、二の腕という呼び名が間違ったまま定着したという説があるんだそう。これだけ魅力的なんですから、一の腕と呼んであげたいですね。

執筆:原雄二(放送作家・ライター)

男がゲンナリする女の口癖~男が憎しみを抱く一言~

【連載:男子が胸キュンする言葉たち】~恋を再燃させる一言~

【連載:男子が胸キュンする言葉たち】~年上男子がキュン死する一言~