秋風のそよぐ気持ちのいい季節。食欲の秋、読書の秋、芸術の秋といいますが、皆さん今年は何の秋でしょうか。

 

我々働く母親からすれば、それはそう、「保活の秋」です。

 

保活とは、保育園探し活動のことを指します。この言葉を一体いつ誰がつけたのかはわかりませんが、特に都心では保活が大変だと言われていて、こんな言葉が生まれてしまいました。風情しか感じませんね。

 

筆者もちょうど1年前、生後10ヶ月の娘を抱っこし、自転車で色々な保育園見学に走り回っておりました。これから保活をする方へ、そしてそもそも保活のことを全く知らないという方へ、どうして保育園は足りないのか問題について考えてみたので、書いてみたいと思います。

 

■都心の保育園、入りにくいって言うけれど、本当?
よくニュースなどで耳にする、待機児童問題ってありますよね。その名の通り、保育園に預けたい人の数と受け皿である保育園の数が合わない、保育園足りない問題です。少子化なのに、ですよ。

 

ここでいう「待機児童」とは、認可保育園に申し込んだにもかかわらず、入所できずに順番待ちをしている子どものことです。これが2014年4月の時点で、全国に約2万1000人いると言われています(*1)。ふむ。数字を聞いただけでは、本当に多いのか何なのかわかりませんねぇ。

 

で、いま認可保育園と言いましたが、保育園にもいくつか種類があるんですね。

 

・認可保育所……施設の広さや設備、保育者の資格や人数などについて、国の基準を満たした保育所。

 

・認可外保育所……認可保育所以外の保育施設。保育料の額は施設ごとに異なり、園庭がないところも多い。

 

・認定こども園……幼稚園と保育園を合わせた保育園。数はまだ少ない。

 

・保育ママ……有資格者や研修を受けた保育ママが主に家庭の中で保育する形。

 

・預かり保育のある幼稚園……夕方まで預かり保育を実施している幼稚園のこと。3歳以上対象。

 

と、色んな保育の形があることがわかります。が、注目すべきは、待機児童と定義されている対象は、認可保育所に申し込んだ人だけだということです。つまり、はじめから認可保育所は諦めて申し込まず、認可外保育所に入れた人たちは待機児童とは数えない。もっと言えば、「子育ても落ち着いてきたし、働こうかな」と考えて保育園を探している専業主婦層も入っていない。そんなこんなで、「隠れ待機児童」は全国に80万人以上いると言われている(*2)。隠れすぎだよこれは!!

 

もう隠れ待機児童が多すぎて、保活に関するさまざまな都市伝説が行き交っています。申し込みを受け付けている役所で泣いて嘆願書を提出したとか、保育に欠けることを証明するためそのために戸籍上だけ離婚をしたりとか……そんな馬鹿な。

 

そもそも保活が大変だと知っている人たちは、妊娠中から保育所探しを行ったり……って、まだ生まれてもいない子どもの預け先を探すという事態に陥っている。ああこれが保育園探しの現状。

 

*1:保育所関連状況取りまとめ(平成26年4月1日) 厚生労働省
*2:新待機児童ゼロ作戦に基づくニーズ調査結果 厚生労働省