■「胎教に悪い」と「胎教に良い?」の大きな違い

本来、「胎教」という言葉は「○○は胎教に悪い」、「そんなことをすると胎教によくない」など、妊婦が精神的な影響を受けないように願う配慮として使われてきました。

 

広辞苑では、「妊婦が精神的な安定や修養につとめて胎児によい影響を与えようとすること」としていますが、これには多少誤りがあります。

 

子供が無事に五体満足に生まれ、育つことが親としての唯一無二の願いであり、それがかなえられることは(自然に、神に)感謝すべきことであった時代に、妊婦やおなかの赤ちゃんに少しでも悪い影響を与えないようにと、祈る思いが「胎教」の始まりです。

 

胎児の段階から、自分の子供を(他の子供に比べ)より賢く育てるために、妊娠中から何かを行う「胎教」というのは、1980年代以降に注目されてきました。

 

これは、胎児心拍数モニタリングや超音波検査により、かつてブラックボックスであった子宮内の胎児の様子が少しずつ解明され、胎児学(胎児生理学)という分野ができ、『胎児は見ている(初版)』『胎児はみんな天才だ』などが出版された時期に一致します。

 

胎児生理が解明されてきたことは良いことですが、「胎教」として誇大解釈されているのが実情です。

 

■「胎教に悪い」の例

私が所属する産科病棟には若い助産師が多数在籍しており、年中、誰かが妊娠中です。妊娠中の助産師も通常の分娩介助は行いますが、子宮内胎児死亡(死産)や出生前診断の結果で中絶処置を行う時の出産は、妊娠中ではない助産師が介助にあたります。誰が決めたというわけではなく、現場に携わるスタッフらが本能的に、何となく「胎教に悪い」気がするという暗黙の了解で、医学的な根拠はありません。

 

お産のプロとは言え、さまざまな異常出産を知っているが故に、自分の出産となると不安になるものです。必要以上に不安にさせてはいけないという現場のコンセンサスです。