胎教:妊婦が精神的な安定や修養につとめて胎児によい影響を与えようとすること。

(広辞苑第六版)

 

優秀な子孫を授かりたいというのは生物学的に正しい本能ですが、「胎教」となると、子供を賢く育てたい親の気持ちにつけ入るような、怪しいイメージを持つ人もいるでしょう。胎児にとって最も大切なことは何か?について考えます。

 

30年前、大学病院で産科当直をしていた時のこと。まだ薄暗い早朝、前日から夫婦喧嘩をして興奮し、一晩中寝られなかった妊婦さんが、お腹が張って痛いと訴え来院されました。髪は乱れ、目は充血し、ハデにやったなという感じですが、すでに夫婦喧嘩は落ち着いており、夫婦の関心は「胎児は大丈夫か」ということです。 

 

当時、最新の超音波画像装置で見ると、手足を動かす普通の胎動が見られず、胎児は小刻みに震え、あたかも「雷雨の中、家の軒先で震える子犬」のような印象です。胎児心拍数と胎動を連続して調べると、正常なら約20分の周期で見られる活動サイクルも見られません。異常というほどではありませんでしたが、お腹の張りもあるので様子を見たところ、通常の心拍数パターンに戻るまでに約半日かかりました。

 

私たち大人も、興奮している時に字を書こうとしても、手が震えて上手く書けないものです。母親の血液中のアドレナリンなどの興奮ホルモンは、胎盤を容易に通過して胎児に移行します。母親には過剰なホルモンを分解する働きが備わっていますが、胎児はその機能が未熟で、興奮ホルモンが持続的に作用します。

 

ストレスによるアドレナリン分泌は、適切な量であれば胎児にも良い刺激になるかもしれませんが、「興奮で手の震えが止まらない」ほどのホルモン分泌は、興奮の理由の善し悪しに関わらず、胎児に良い影響を与えません。