関西には、「お好み焼き定食」というメニューがある。お好み焼きとご飯、味噌汁のセットである。関西人の私には何の疑問もないのだが、他の地域の人びとからすると、「あり得ない」「主食と主食の組み合わせはおかしい」とまで言われる。それほど不思議なことなのだろうか。

 

関西には、同じ“粉もん”の「焼きそば定食」もあり、粉もんとご飯の組み合わせは、俗に“大阪定食”とも呼ばれる。「炭水化物&炭水化物」は、栄養学的にはツッコミどころ満載。決して身体に良いとは言えないのだが、その美味しさを知れば、栄養学など関係なくなる。

 

なぜ、この組み合わせが関西に生まれたのか。その起源は定かではないが、関西人の味の好みが影響しているようだ。

 

お好み焼き、焼きそば、たこ焼きの味は、だしとソースで決まる。関西には“地ソース”も多く、何にでもソースをかける傾向が強い。焼きめし、目玉焼き、野菜炒め、串カツ……。天ぷらにまでウスターソースをかける。食卓にこれらのおかずが並ぶと、ためらいなくソースをかけて、ご飯と一緒に食べる。濃いソースの味が白いご飯をとよく合うのである。

 

この組み合わせに慣れ親しんだ関西で「お好み焼き定食」が誕生したのは、必然なのではないか。お好み焼きは、“ソース味のおかず”なのである。

 

炭水化物どうしの組み合わせはあり得ないなどと言われるが、他にもこうした組み合わせは多く存在する。「ラーメン&炒飯」、白ご飯のついた「ラーメン定食」、いなり寿司や炊き込みご飯のついた「うどん定食」、小うどんのついた「カツ丼定食」。「焼きそばパン」や「スパゲティパン」はどうなるのか。洋食屋や喫茶店には、ご飯とナポリタンがセットになった「スパゲティ定食」などもある。

 

このように、同じような組み合わせは多数存在する。なのに、なぜ「お好み焼き定食」だけが話題になるのか。