マイホームを手に入れるとき、「マイホームは誰のものか?」を考えているでしょうか? ちなみに、そう質問されるとどう答えますか?

 

「これから一緒に住む家族4人のもの」
「二世帯住宅なので、両親と僕たち家族のものかな」

 

どちらかといえば、マイホームを手に入れるタイミングに住む人のものという感覚が日本人には強いです。

 

もともと日本の1940年以前には、両親、夫婦+子、兄弟、親戚、近所の誰か、という大家族の組み合わせで住むライフスタイルが一般的でしたので、マイホームに対する所有感というものは、あまり明確でなかった部分があります。

 

それに対して、欧米などでは「マイホームは夫婦のためのもの」という感覚が一般的です。

 

「子供にとっての家は、大人になるまでの仮住まい」という感覚が欧米では一般的で、大人になると、自立して家を出ていくように促していきます。

 

それに対して、日本では多くの「パラサイト・シングル(学卒後もなお親と同居し、基礎的生活条件を親に依存している未婚者)」が居るとして問題視されています。

 

ただ1級建築士が住環境の歴史的背景から見れば、先ほども言いましたが「1940年以前はほとんどの家で、パラサイト・シングルが当たり前だった」ことが分かります。

 

日本では、ある意味1940年以降に初めて「パラサイト・シングル」がクローズアップされているだけで、日本人のDNAには、たくさんの人が集って住まうライフスタイルが肌身にあっているのでしょう。

 

最近のシェアハウスが増えてきたのも日本人の肌に合っているのです。