■1ヶ月検診、その日
2013年2月。娘の1ヶ月検診の会場で、わたしは周りを見回し固まっていました。

 

ひと月ぶりに会う産院同期のママの赤ちゃんたちに比べ、娘がどうみても小さい。体重を計るために肌着を脱がせると、他の子との体格差は一目瞭然でした。みんなひと月前に比べ、まるまると一回り以上も大きくなっている……。

 

計ってもらった数字を見て、今度こそ頭を殴られたようなショックを受けました。体重2660グラム。産まれたときの体重は、3216グラム。生後一旦減るものの、最初の1ヶ月でプラスマイナス1kg増くらいが標準だといいますが……娘は、体重が減ったままでした。

 

■「母乳で育てなければ」という思い込み
どうしてこんなことになったのか。それは、わたしがいわゆる「母乳育児」につまづいたからです。

 

そもそも、出産前の産院でのアンケートでも「母乳育児を希望」に躊躇なくマルをつけていました。母乳で育てることのメリット(初乳の栄養や母体の回復も早まること、経済的なことetc.)は予備知識として知っているつもりでしたし、実母や義母はじめ、近しい先輩母たちから母乳で育てた話ばかり聞いていたのもあって「わざわざミルクを使わなくても、母乳で充分」程度に考えていました。

 

産後の入院中は、病院の指導のもと、娘が泣くたびに授乳+わずかなミルクを与えていました。

 

2日もしないうちに乳首がガサガサにひび割れてしまい、痛くてたまらないので助産師さんに相談すると、「赤ちゃんの唾液でかぶれている」とのことで、ラノリン(羊脂)の軟膏を授乳のたびに塗りました。

 

娘が一生懸命吸おうとしているのは分かるのですが、母乳が出ている感覚はなく、でもミルクを増やすようにという指導もないまま退院を迎えます。

 

そのとき頭にあったのは、産前にどこかで読んだ「胸が張ったり母乳が溢れるようになるのはしばらくしてから、それまではとにかく吸わせるしかない」という話でした。

 

そこで、1ヶ月検診まではとにかく「泣いたら吸わせる」で様子をみようと思いました。地域の保健師さんが巡回に来てくれるから、問題ないかを相談しよう、とも。夫も賛成し、あまり無理していそうなら止めるから、と言ってくれました。