あまり認識されていないことながら、電気自動車の補助金は徐々に減額されている。補助金の意義は助走のためであり、その間に生産コストを下げて欲しいというのが狙い。参考までに書いておくと、当初78万円だった日産リーフの補助金は、2015年度になり27万円まで減っている。

 

その間、車両価格の値下げをしないと実質的な値上げになってしまうということだ。リーフは2015年度に14万円の値下げを行っており、ナビ標準の『X』グレードで315万9000円になった。27万円の補助金を使えば288万9000円と、プリウス『G』に純正ナビを付けた程度。十分競争力あります。

 

意外なことに電気自動車は安くなっているのだった。エネルギーコストの差まで考えると、走行10万kmで走行用電池の交換を行ったとしても、プリウスよりリーフの方が安く付く。リーフがもう少しカッコ良ければ、相当売れていただろう。間もなく行われるマイナーチェンジで良くなる?

 

リーフより高いポテンシャルを持っていそうなのがミニキャブMiEVトラックである。今年12万円の値下げを行い、急速充電機能付も付いて158万2200円になった。補助金が11万円出るため、147万2200円ということに。ミニキャブMiEVトラックに搭載されている東芝の電池は、寿命ほぼ無限。