「受胎前後に母親がアルコールを摂取していると、生まれた子供は将来、糖尿病になりやすい」という研究が話題です。これは米国実験生物学連合雑誌(2015年7月号)に掲載されたネズミの実験の研究報告によるものです。

 

妊娠がわかってからは禁酒をしていても、計画妊娠ではない方がほとんどですから、「排卵日の頃にお酒を飲んでいた」と思い当たると、妊娠中の方は不安に陥ってしまいます。では、どのような内容の研究なのでしょうか?

 

そこで、原著全文を入手し、研究内容を調べてみました。

 

FASEB journal 2015 Jul;29(7):2690-701(リンク先は要約)

 

論文は、メスのネズミに、受胎の4日前から妊娠4日まで、アルコール12%の流動食を与えたところ、生まれてきた子供が発育後、高血糖、インスリン感受性低下を示し、糖尿病状態となったという内容です。

 

ネズミの妊娠期間は20数日ですが、その受胎の前後8日間に、アルコール入りの流動食を与えたということですから、かなり乱暴な実験と言えます。つまり酩酊状態で妊娠したということです。

 

どうしてこんな研究が行われたのでしょうか?