電通総研が、週3日以上働いている18~29歳の男女計3000人を対象に行った、若者の現在の働き方、働く目的、働くことに対する意識調査によると、働くことへの意識については、「働くのは当たり前」という回答が約4割だったのに対して、「できれば働きたくない」との回答も3割に達したとのことです。

 

また、働く目的については、約7割の人が「安定した収入のため」と答えていて、仕事は生活のためと割り切る傾向が鮮明になっているとのことでした。

 

この結果を見て、何か危機感を持つ人もいるのかもしれません。「今の若者は甘い」「仕事の意味を分かっていない」「先が思いやられる」などと、否定的な感情を持つ人もきっといるのでしょう。

 

ただ私はこの結果を見ても、「まぁそんなものだろう」と当然のことのように思います。その理由は簡単で、私自身がこの世代の頃に、この結果で挙げられている「できれば働きたくない」「仕事は生活のため」と思っていたからです。

 

なぜそう思うようになったのか、考えてみたところでの理由は一つだけ。それは子供の頃に「楽しそうに働いている大人をあまり見たことがなかったから」ではないかと思います。

 

多くの人がそうだと思いますが、子供の頃の一番身近な社会人は両親だと思います。

 

私の父は、内科の勤務医という専門職だったので、一般的なサラリーマンとは少し違うかもしれませんが、宿直勤務があったり、夜中に急患で呼び出されたり、とにかく大変そうな仕事だと思って見ていました。仕事に取り組む姿は尊敬していましたが、楽しそうに働いているとは見えなかったですし、子供からみて、本人のやりがいなどは理解しようもありませんでした。

 

そんな自分が就職しなければならない時期に思っていたのは、やはり「できれば働きたくない」ということでした。自分がやりたくないことでも、それを業務命令で強制的にやらされるのが仕事で、そんなものが面白いはずがないと思っていました。