アリは働き者というイメージですが、実は「働かないアリ」もいます。厳密にいうと「働き出すのが遅いアリ」です。人間社会にもこういう人っていますね。北海道大学大学院の長谷川英祐准教授が、このアリ社会の不思議を解明しました。

 

分かりやすい対談がありましたから、ぜひ読んでください。ポイントを抜粋します。

 

「働かないアリ」がいるからこそ、アリの社会は長く存続できるのです。

 

──そういえば、先生のご研究で、コロニー(巣)の働きアリの中には、まったく働かないアリがいることが分かったそうですね。働きアリは全員がずっと働いているものだと思っていました。

 

長谷川 そう思うのが普通ですが、実際に働かないアリだけを集めて観察してみると働くアリが現れ、逆に働くアリだけにすると働かないアリが現れることも分かったんですよ。

 

(中略)

 

──不思議ですね。一体どうしてそのようなことが起こるのでしょう?

 

長谷川 「反応閾値(いきち)」が原因です。「反応閾値」とは、仕事に対する腰の軽さの個体差、といったところでしょうか。

 

──聞き慣れない言葉ですが…。

 

長谷川 人間に例えて説明しましょう。人間にはきれい好きな人とそうでもない人がいて、部屋がどのくらい散らかると掃除を始めるかは、個人によって異なります。きれい好きな人は汚れに対する「反応閾値」が低く、散らかっていても平気な人は高いというわけです。

 

これがアリの社会では、必要な仕事が現れると、「反応閾値」の最も低い一部のアリがまずは取り掛かり、別の仕事が現れたらその次に閾値の低いアリが…と、低い順に作業を行う。つまり、個体間の「反応閾値」の差異によって、必要に応じた労働力がうまく分配されているのです。

 

(中略)

 

──なるほど。アリだって働けば疲れるし、回復するまでには休みも必要だということですね。

 

長谷川 はい。働いていたアリが疲れてしまったときに、それまで働いていなかったアリが働き始めることで、労働の停滞を防ぐ。つまり、働かないアリがいるシステムの方が、コロニーの長期的な存続が可能になるということです。働かないアリは、怠けてコロニーの効率を下げる存在ではなく、むしろそれらがいないとコロニーの存続が危ぶまれる、極めて貴重な存在だと言えます。

 

要は、アリの中には仕事があるとすぐに働き出す者から、働き出すまでにすごく時間かかかる者まで、いろいろなタイプがいるということです。当然、働けば疲れるので、休まなければなりません。誰かが休むときには、スタートが遅い者が「そろそろやるか~」と働き始めるので、組織がうまく回っていくというわけです。

 

さらに面白いのが、働かないアリ(働き出すのが遅いアリ)だけを集めれば、組織活動が停止してしまうように思うのですが、そうなりません。その中から早く働き出すアリが現れ、組織はやはりうまく回っていくというわけです。逆もしかりで、働くアリだけにすると、今度は働かないアリが現れるというわけです。

 

つまりアリは、みんながガンガン働いても駄目だし、みんながのんびりやっていても駄目だと分かっているわけです。組織が形成されたら、働き者と怠け者が一定数現れて、結果として全体がうまく回るようにしているのです。小さいのに、すごいやつらです。