コンビニコーヒー(缶コーヒーではなくカウンター上の機械で提供するタイプのコーヒー)の好調ぶりが続く。セブン‐イレブンは「セブンカフェ」、ローソンは「MACHI café」、ファミリーマートは「FAMIMA CAFÉ」。その流れはこれら大手だけでなく、中小のコンビニチェーンにも及ぶ。

 

コンビニコーヒーが注目されはじめたのは2013年。彗星の如く登場し、さまざまなメディアのヒット番付にもランクインした。今やコンビニコーヒーは完全に定着し、コンビニにおいてなくてはならない存在と言っても良いほどの存在感を示すようになった。今回は、あらためてコンビニコーヒーを中心にしたコンビニ各社の戦略の違いについて触れていくとともに、コンビニコーヒーの未来を占う3つのキーワードを紹介したい。

 

■テイクアウト志向のセブン‐イレブン、イートイン志向のローソン
まず最初に、コンビニ各社の戦略の違いについて書きたい。一言でコンビニコーヒーと言ってもコンビニチェーンによって大きく2つのグループに分けられる。1つはテイクアウトを中心にした戦略、もう1つはイートインを中心にした戦略のグループだ。セブン‐イレブン、ファミリーマートはテイクアウト戦略、ローソンはイートイン戦略だ。

 

各社ともコンビニコーヒーと他の商品の「併せ買い」を増加させたいと考えている点は共通しているのだが、その思惑は少しずつ異なっている。

 

セブン‐イレブンはコンビニコーヒーで来店を誘引しつつ、オフィスや自宅で飲食をしてもらうための商品を充実させようとしている。そのためスピーディかつ魅力的な商品開発に余念がない。冷凍食品をはじめとするお惣菜、お弁当、デザートは代表的なものだ。そしてマシンのそばにあるドーナツの開発・販売もその一環だ。商品の魅力があるからこそ、他のコンビニチェーンよりも高利益率を誇っている。セブン‐イレブンの基本的な考え方はセブンカフェで来店客数を増やし、その他の商品を買ってもらうことでの客単価を上げるということなのだ。ファミリーマートもセブン‐イレブンの戦略に近い。

 

一方のローソンは、店舗内外にテーブルやチェアを用意して、そこで飲食をしてもらおうというイートイン的な考え方に立つ。都心や繁華街ではスペース的に難しい店舗も少なくないが、それでも東京・青山という一等地にある店でさえイートインスペースを用意している。また店舗によっては、店舗内にキッチンを併設し、そこで作った惣菜や弁当を提供しているのも特徴だ。「マチのほっとステーション」というキャッチコピーに表されるように、とにかくローソンに来てなるべく長く滞在してもらうことを目的としている。その場での来店客数の増加を狙うのではなく、街に根付いた形で、とにかく長期間、長時間ローソンに来てもらいたいのだ。ちなみにローソンのコーヒーは店員が淹れてくれる。セブン‐イレブンやファミリーマートがセルフサービスであることに対して非効率的なのだが、カフェのようにゆっくりと買い物をしてもらいたいというローソンの戦略がここにも表れている。

 

このようにコンビニチェーン各社のコーヒーを軸にした戦略の違いをまとめたが、セブン‐イレブンやファミリーマートでもイートインスペースを設ける店舗も出てきた。将来的には、店舗デザインだけでなく、商品ラインナップを含めて、もっと地域に根ざし、適応させた店舗作りを進めていくことになる。早いコンビニではすでに始めている店舗もある。