痛みで苦しまない人生を医学で導く痛み改善ドクター、富永喜代です。

 

理容室でよく見かける漫画、『ゴルゴ13』。さいとう・たかを先生の大ベストセラーで、国際問題を緻密な計画と完璧なプロの技で解決するハードボイルド漫画です。

 

その主人公がゴルゴ13なのですが、なぜゴルゴ13は、圧倒的に強いのでしょうか?

 

それは、鍛え上げた精神と体のバランスが、気分でムラが出る心の暴走を抑制していると考えられます。ゴルゴの圧倒的な精神の安定が、心のブレを許しません。

 

痛みの自己管理=セルフメディケーションも同じです。気分が落ち込んだ、今日は気分が悪い、そんな弱って肥大化した心に左右されてしまうと、その場の気分によって痛みを強く感じたり、毎日の気分の上がり下がりだけで痛みに煩わさせられるようになります。

 

慢性痛に悩む人が目指すべき姿は、ゴルゴ13。ゴルゴ13は体を鍛える訓練を欠かしません。つい怠けてしまうと筋力が落ち、心と体、精神のバランスを失うことでしょう。

 

同様に、弱った体で、痛みを感じ続ける心が存在していたら、どうなるでしょうか。きっと、痛みがますます巨大化してしまいますよね。ですから真の健康を保つためには、体、心、精神、全てを整えることが必要です。

 

痛い人は、まず、日々の生活の中で体の動きを型にはめ、あえて身体感覚を研ぎ澄ますような動作、行動を加えることで精神を磨いてみましょう。