京都の夏の風物詩ときいて、皆さんは何を思い浮かべるだろうか?

 

一番に思い浮かぶのは、7月の1ヶ月間、ぶっ通しで行われる京都最大の祭り「祇園祭」かもしれない。街中を豪華絢爛な山鉾(やまほこ)が巡行していく様子を見ると「あー、京都の夏だな」としみじみ思う。

 

f:id:morikawatakao:20150801095057j:plain

 

筆者が、涼しげでいいなと思う京都の夏の風物は、鴨川の上流、貴船川で楽しむ川床料理だ。

 

川床とは、渓流の流れの中に杭(くい)を打ち、その上に床を渡してつくった座敷で本格的な京懐石の料理を楽しむという、なんとも風流で贅沢な遊びなのだ。

 

最近は、貴船以外でも川床を見かけることがある。しかし、川床の元祖は貴船であり、大正時代に、「ふじや」という今も貴船にある旅館の先々代が、川の中に床几を置いてお客さんに涼をとってもらったのがはじまりなのだ。

 

また、貴船以外で見る川床の多くは、「川床」とはいうものの、川の上ではなく川岸に座敷をしつらえただけのものが多い。その意味でも、貴船こそが、川床の本家本元だといえるだろう。

 

f:id:morikawatakao:20150801095118j:plain

 

貴船は、昔から避暑地として知られる場所で、京都の市街地が30度を超える暑さのときでも、25度前後しかなく、かなり涼しく感じる。

 

また、川床に実際に座ってみると、足下を流れていくせせらぎの音が心地よく、爽快な気分になる。

 

川の流れに足を浸すこともできるが、かなりヒンヤリとしており、10分と浸かっているのは難しいという。