最近「セカンド・パートナー」という言葉がニュースで取り上げられ、話題になっています。

 

お互いに既婚でありながら、夫や妻以外にステディな関係の異性を持つ、既婚の男女が増えてきているそうです。そうした人たちには、社会人として、家庭人として順調にキャリアを築いている人が多く、アラフォー・アラフィフ世代に多い傾向があるといわれています。

 

配偶者が「パートナー」ですから、その次に位置するこの男女の存在を「セカンド・パートナー」と呼ぶのでしょう。このセカンド・パートナーとは、決して男女の関係は持たずにプラトニックな間柄を保っていることで、本人たちは不倫とは違う、と考えているようです。

 

また、セカンド・パートナーは、単なる異性の友達とも違い、遠い将来、お互いの配偶者と死別してしまったときなどに、お互いが独りで残ったならば、そのときは「一緒になろう」と約束しているという方たちもいるそうです。

 

先日、相談にいらした小森春香さん(仮名/40歳・千葉県)も、セカンド・パートナーを持つ働く女性です。夫の茂樹さん(仮名/45歳)とはお見合いで出会い、結婚して10年になります。お子さんはいません。

 

夫婦で共働きですが、茂樹さんは仕事が忙しくて、毎日帰宅が遅く、仕事の疲れとストレスで帰宅後はすぐに寝てしまうそうです。夫婦でゆっくり話をしたりすることは、新婚当時からほとんどなかったそうです。春香さんもまた、仕事のストレスが多く、家で夫に相談をしたり、ゆっくりお酒を飲んでリラックスして、ストレス解消をしたいと思っていたそうです。でも、仕事で疲れきった茂樹さんを見ては、自分の小さな悩みや不安を茂樹さんにぶつけては申し訳ないと思っていたのだそうです。

 

でも、1人でいろいろなストレスを抱え続けることに限界を感じ始めたとき、職場の取引先の既婚男性である田村雄介さん(仮名/50歳)と出会いました。同じ業界で働いていたこともあり、仕事の悩みを相談するうちに、すぐに信頼できる特別な人となったそうです。