美容整形先進国&市場調査大国&マーチャンダイジング王国のアメリカは凄いっす!!

 

「豊胸手術のお試しプラン」

 

があるそうです。ニューズウィークの記事を参考にして、その内容と果たして日本でも実現可能かを検討してみます。

 

■24時間有効なプチ豊胸手術とは

ニューズウィークの記事によれば、

 

ロウはこの24時間だけのプチ豊胸を、本格的な豊胸手術の「お試しプラン」として提供している。利用者の評判は上々だ。「一番よく聞く苦情は、『もっと大きくすればよかった』だね。『やめればよかった』と後悔する声は聞かない」

 

※「24時間豊胸にブームの予感と不安」より

 

ここで紹介されている豊胸手術は「プチ豊胸手術」と命名されています。なんでプチなのかというと、豊胸に使用する材料が「生理食塩水」だから、本格的なシリコンバックを入れるワケではなく、効果の持続時間も短いので「プチ豊胸」なんですね。日本でも美容皮膚科領域の治療を「プチ整形」って呼んでいるクリニックもありますので、この「プチ豊胸」ってひょっとして日本でも流行る可能性はあります。

 

本格的な豊胸手術前のシミュレーションとして生理食塩水を胸に注入するのはアイディアの1つとして、現時点の日本でも試してみる価値はありそうです。よく整形外科医がPCのシミュレーターで治療後の姿を映し出すことがありますが、あくまで2Dの世界であり、実際には予想による手術前後の違いがあるために、あまり使用されていません。

 

生理食塩水とはいえ、プチ豊胸手術を受けた人は自分で完成予想図の胸を触って、好みの服を着て実生活を送ってみて、自分のイメージと実際の距離の短縮をはかることができて非常に有用な手段だと考えます。