海の日の翌日の7月21日~23日にかけて、富士山に登ってきた。

 

五合目の山小屋では、夕刻、一面に広がる雲海に映る「影富士」を見ることができ、また、翌朝には見た「ご来光」の美しさには、心から感動した。

 

f:id:morikawatakao:20150725091323j:plain

 

登山中、八合目あたりで天気が崩れはじめ、頂上に着いた頃には風と雨が強くなっていたので、頂上の火口周辺を歩く「お鉢巡り」ができなかったのは残念だったが、それでも、富士山の素晴らしさは、十分満喫することができた。

 

しかし、三日間、富士山に滞在してみて少々気になったのは、意外なほど登山客が少ないことだ。

 

2013年に世界遺産に登録され、その直後、多くの人々が列をなして登山する映像をテレビで見た印象が残っていたので、今回も、山小屋などはギューギュー詰めを覚悟で出かけた。

 

ところが、登山口にあたる五合目の山小屋は、私を含めて三組しか宿泊していなかった。山小屋のご主人にきいてみると、私が訪れた直前の三連休は、かき入れ時なのだが、宿泊客は少なかったという。

 

さらに、六合目付近の山小屋はもっと深刻で、前日の宿泊客は一組だけだったという。ご主人は「本当に商売あがったりだ」と嘆いていた。

 

f:id:morikawatakao:20150725091630j:plain

 

私が歩いた「須走ルート」登山道は、「富士宮ルート」や「吉田ルート」に比べると、もともと人の数は多くないのだが、それにしても夏山登山のトップシーズンにしては、閑散としている。

 

「須走ルート」は八合目で「吉田ルート」と合流するので、さすがにここまで来ると、だいぶ人が増えたが、それでも八合目の山小屋できいてみても、例年より人が少ないということだ。